はい、仕事中に寝ても構いません。 ただ、仮眠室を利用してください。

デスクワーク用ピロー

デスクナップ用枕

日本の企業は、先進国の中で最も睡眠不足である。

日本の企業は、先進国の中で最も睡眠不足の国と言われていますが、従業員が仕事中に寝るためのスペースを確保し始めています。

日本の労働者は、目を見開いて、寝るための餌を拒否しています。

寝る文化には、オフィスデザイナーが夢にも思わなかった微妙な要素があります。

広告

三菱地所は東京でも有数の高級オフィスを所有しており、自社の物件をイノベーションの拠点としてアピールしたいと考えています。 本社では、人事部長の根上剛氏が中心となり、リクライニングチェア、ムードライト、効率的な仮眠のためのパンフレットを備えた6つの部屋を設置した。

ビジネスは眠くて仕方がありません。

「仮眠室は見たことがあるが、使ったことはない」と、三菱地所のCEOは本社にあるこのような部屋について語る。

「仮眠室は見たことがあるが、使ったことはない」と語る三菱地所の社長

Photo:

写真:三菱地所株式会社

「昼寝をしている時間がもったいない」と思う人もいるでしょう。 “根上さんはこう言います。 根上さんは、「”昼寝するなんてもったいない “と思う人もいるでしょう。

根上氏の上司である長沼文六氏は、部屋を使ったことはあるが、自分のデスクで寝るのが好きだという。 “

広告

日本最大のデジタル通貨取引所であるビットフライヤー・ブロックチェーン株式会社のオフィスでは、CEOの加納裕三氏が二段ベッドのある部屋を設置しては撤去しているという。

また、サンフランシスコのオフィスに設置されていた、テレビゲームをしながらくつろげるビーンバッグのアイデアも捨てました。

日本では、深夜の電車の中などで、人前で寝ることをタブー視しているわけではありません。

日本では、深夜の電車に見られるように、公共の場での睡眠がタブー視されているわけではありません。

デスクワーク中の居眠りは、仕事の大変さを強調するものであり、賞賛されるべきものです。

Share Your Thoughts

あなたは職場で昼寝をしますか?

「休憩なしで長時間働き、最後までみんなで仕事をするというのが、日本の伝統的なやり方です」と語るのは、東京の採用コンサルティング会社、株式会社ネクストビートのマネージャー、百屋玲奈さん。

広告

百家玲奈さんは、ネクストビートのラウンジフロアにある仮眠用の椅子を利用しているが、仮眠室にはほとんど行かないという。仮眠室は暗く、アロマディフューザーやホワイトノイズマシンが設置されており、予約が必要だ。

ケンブリッジ大学の講師で日本人の睡眠習慣を研究しているブリジット・ステガー氏は、仮眠と日本人が「いねむり」と呼ぶものを区別しています。 漢字で書くと「居眠り」です。

「いねむりは昼寝とはまったく違います」とステガー博士は言います。 “靴を脱いで引きこもるのではなく、実際に「私は実際に仕事をしている」のです。

スタンフォード大学睡眠科学・医学センターの西野誠司先生によると、アメリカ人は仕事の結果を重要視する傾向があるのに対し、日本人は “頑張っている姿を見る “というプロセスを重視するそうです。

広告

指定された仮眠室で見られるなんて、起きている時の悪夢ですよね。

東京にある「ネスカフェ スリーピングカフェ」では、コーヒーを飲んだ後、水の流れる音を聞きながらうとうとすることができます。

東京の「ネスカフェ スリーピングカフェ」では、コーヒーを飲んだ後、水の流れる音でうとうとすることができます。

フランスから1年前に来日したルイ・ラプイユさんは、東京の輸入会社で働くフランス人の同僚と一緒に会議室に向かい、20分間のシエスタをすることもあるという。 日本人の同僚から怪訝な顔で見られることもあるという。 “

経済協力開発機構(OECD)によると、日本の平均睡眠時間は6時間15分で、アメリカやスイスよりも1時間短いという。

日本の同僚は「帰りは遅く、仕事は忙しく、昼寝もしない」とラプイユ氏は言います。 “

企業の従業員の睡眠の質を向上させるプログラムを開発している東京のスタートアップ、ニューロスペース株式会社のCEOである小林孝則氏は、パワーナップを日本の企業に導入しようとしています。 小林氏によると、昼寝とは、暗闇の中で20~30分横になって行う本格的なもので、集中力や生産性を高める効果があるそうです。 企業側は前向きですが、従業員からは反発があります。 “

寝具メーカーの西川では、デスクワーク用に顔に寝跡がつかないように工夫した枕を作っています。

「デスクで仮眠すると、腕や手が直接顔に触れて跡がついたり、手や腕が寝てしまったりすることがあります」と広報担当の春日和恵さん。

西野精治氏の著書「スタンフォード式究極の熟睡法」からの画像。's book on how to sleep better, ‘The Stanford Method for Ultimate Sound Sleep.’

西野精治氏の快眠本「スタンフォード式究極の熟睡法」からのイメージ

Photo:

ネスレSA傘下のネスレ日本は3月、東京に「ネスカフェ スリーピングカフェ」をオープンしました。 カフェインが効いてくるのに30分ほどかかるため、パワーナップをとって目を覚ますことができるというわけです。 スタッフによると、ビジネスは好調で、オフィスを離れてちょっとした休憩に立ち寄る労働者が最も多いそうです。

東京のインターネットサービス会社であるGMOインターネット株式会社は、昼休みの後に仮眠時間を設け、全社員が一緒に仮眠できるようにすることで、偏見のないワークナッピングを実現しました。

忙しいときには約8割の社員が昼寝をしているそうです。 “

「仮眠室への行きやすさ、つまり社員が仮眠室にたどり着くまでのハードルは、共同仮眠スペースの方が低いのではないでしょうか」と広報担当の高橋紗枝さんは言います。

Write to Suryatapa Bhattacharya at [email protected]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です