エアバッグが作動しない5つの理由

エアバッグの技術は、何百万人もの重傷者を防ぎ、多くの命を救ってきたと言われています。

Why Did not’t Deployed My Airbag?

もしあなたやあなたの大切な人が、エアバッグが作動しなかった事故で負傷した場合、あなたには損害賠償を求める権利があります。 Clark, Fountain, La Vista, Prather, & Littky-Rubinのフロリダ州のリーガルチームは、エアバッグが故障した原因を特定するだけでなく、責任者に損害賠償責任を負わせるために、あなたの状況を徹底的に調査する準備ができています。

エアバッグが作動しない5つの一般的な理由

  1. 衝突の性質 – 発生した衝突の種類は、エアバッグが作動するかどうかに大きな影響を与えます。 衝突された場所によっては、エアバッグのセンサーが作動しない場合があります。 これは、ある種のロールオーバー衝突や、側面衝突、後面衝突の際に前席エアバッグが作動しない場合に起こります。 米国道路交通安全局(NHTSA)によると、エアバッグが作動すべきだったかどうかは、車両の速度や損傷の程度よりも、衝突の場所が重要な指標となります。
  2. エアバッグセンサーの欠陥 – 衝突の衝撃でエアバッグが作動するはずなのに作動しなかった場合、センサーが衝撃を正しく検知できず、エアバッグが作動しなかった可能性があります。 これは、メーカーがセンサーの設計、試験、設置を不適切に行ったことや、ソフトウェアの不具合、エアバッグの作動閾値のキャリブレーションの不具合などが原因と考えられます。
  3. 電気部品の欠陥 – エアバッグの故障は、衝撃信号をエアバッグに伝えるための電気部品や配線の欠陥によっても引き起こされます。 これらの部品の設計や製造に欠陥があったり、ステアリング・コラムのクロック・スプリングの不良に影響されたりすると、不具合が発生します。
  4. 配線の切断 – 研究者によると、エアバッグの故障は、メーカーが衝突時に切断されやすい場所に配線を配置した場合に発生することがわかっています。
  5. エアバッグモジュールの欠陥 – エアバッグモジュール自体に欠陥があると、エアバッグが必要なときに作動しない可能性があります。 衝撃信号が衝突を正しく認識し、エアバッグの展開を指示したにもかかわらず、エアバッグモジュールが反応しなかったというケースがあります。

エアバッグは複雑な安全技術ですが、自動車メーカーにはエアバッグが意図されたとおりに、また消費者が期待するとおりに作動することを保証する法的責任があります。

エアバッグの欠陥に関する訴訟

近年、エアバッグの欠陥に関する訴訟がニュースで盛んに報道されています。 これらの欠陥の多くは、エアバッグが本来展開すべきでないときに展開したり、欠陥のある方法で展開して怪我をさせたというものですが、その他の多くは、エアバッグが全く展開しなかった事故での予防可能な怪我や死亡です。

衝突で何が起こったかにかかわらず、ウェストパームビーチの優秀な弁護士が事故を完全に調査し、エアバッグが正常に機能しなかったかどうかを判断し、もしそうであれば、どのようにしてあなたの損失に対する補償を求めることができるかを判断しますので、ご安心ください。 なぜ私のエアバッグは展開しなかったのですか?

  • RESULTS: エアバッグの故障事例とその結果
  • FACTS:
  • 信頼のおけるウェストパームビーチの法律事務所にご相談ください

    当事務所は設立以来、2世紀以上にわたる経験、認定弁護士の専門知識、クライアントのために積極的に弁護するという情熱を活かし、世界最大級の自動車メーカーや販売会社に対する訴訟を含む、欠陥製品に関する訴訟で成功を収めてきました。

    あなたの潜在的なケースや権利についてより詳しい情報をご希望の場合は、無料相談をご利用ください。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です