オールド・オーヴァーホルトの比較

私はこれまでに何度も「喜ばせるのが難しい人だ」と言われてきました。 このようなことがあった場合、私はほとんどの場合、その経験をryevetingと考えます。 そのひとつが、日本で初めてカクテルバーを訪れたときのこと。

今でも覚えているのは、季節のフルーツを使ったカクテルを注文したときのことです。

今でも覚えているのは、季節のフルーツを使ったメニューの中で、どんな味がいいか聞かれたので、ライ麦を使ったものを頼んだことです。 何と言ったかは忘れてしまったが、バーテンダーのリュウさんは、オールド・オーバーホルトのライ麦、つぶしたフレッシュピーチ、ピーチリキュール、レモンジュース(確か)、ブルーキュラソーを混ぜてくれた。 そのミックスをブレンドし、ジュレップカップに入れて、ミントを添えました。 ライ麦とピーチを一緒に飲んだことはありませんでした。

これは2014年の10月のことです。 日本では10月は秋で、ピーチが旬です。 日本の桃を食べたことがある人は、その天国のような味わいと、粘り気のない食感を知っているだろう。 もし、アイザック・ニュートンが桃の木の下に座っていたら、頭を叩かれて重力を考えることはなかったでしょう。

2010年代前半は、まだライウイスキーが手に入りにくい時代でもありました。 アメリカの主要なウイスキーメーカーは、ライの需要の復活にまだ追いついていませんでした。 サゼラック・ライは割り当てがあったり、簡単に売り切れたりしていたのを覚えています。 K&Lでは、1人1本のポリシーがありました。 しかし、私が訪れた大阪のバーでは、すべてのバーでオールド・オーバーホルト・ライが置いてあることに気づきました。

私はBar Kの前にオールド・オーバーホルト・ライに出会ったことはありませんでした。当時、私が知っていたライ・ブランドは、アメリカ市場にしか目を向けていなかったので、リッテンハウス、サゼラック、テンプルトンだけでした。 そこで、バーテンダーに「どうしてこれがあるんですか? すると、「日本に昔からあるライ・ウイスキーの銘柄のひとつだよ」と教えてくれました。 そこで、英語がほとんど話せる若いバーテンダーに、その理由を聞いてみた。 一番多かった答えは、「師匠が昔から持っていた」というものでした。 バー・ウメダのオーナー兼マスターは、オールド・オーバーホルト・ライを使ったマンハッタンがお気に入りのカクテルだと言っていました。

その大阪への旅で、私はこのブランドに興味を持ちました。

この大阪での旅で、私はこのブランドに興味を持ち、43%でボトリングされたダスティ・バージョンを知ることになりました。 このバージョンは、現在の40%バージョンよりもはるかに優れていると言われています。

「The Daily Beast」と「The Whisky Advocate」の2つの記事のおかげで、このブランドの歴史を知ることができた。 創業者はヘンリー・オーバーホルツァー。 一家の長であったヘンリーは、家族をペンシルバニア州バックスカントリーからペンシルバニア州ウエストオーバートンに移した。 その旅は半年に及んだ。 彼らの名字はやがてオーバーホールドと角化し、後にオーバーホルトとなった。

1810年になると、ヘンリーの息子エイブラハムが蒸留の主導権を握るようになる。

1810年にはヘンリーの息子のエイブラハムが蒸留を始め、1870年にエイブラハムは亡くなった。

1810年にはヘンリーの息子エイブラハムが蒸留の主導権を握り始めた。 ヘンリーはコークスと呼ばれる石炭の精製品を扱うことで、すでに大金持ちになっていた。 ヘンリーは、友人の銀行家アンドリュー・メロンを3分の1のパートナーとして迎え入れ、アンドリュー・モークと一緒にオペレーションを担当した。

ヘンリーは1919年に亡くなった。

ヘンリーは1919年に亡くなり、メロンがその株を相続して支配的なパートナーとなりました。 その頃、当然ながら禁酒法が施行されます。 メロンは、幸運にも1921年にハーディング大統領の財務長官に就任した。

節制運動の圧力により、メロンは禁酒法施行後、A.オーバーホルト&社の株式とブロードフォード蒸溜所(エイブラハムの息子2人が作った別の蒸溜所)をナショナル・ディスティラーズ社に売却しました。 1951年、ブラッドフォードの蒸留器からオーバーホルトのライ麦の最後の一滴が出た。 禁酒法はその犠牲を払った。 アメリカの飲酒習慣を変えてしまったのだ。 その結果、ライ・ウィスキーは40年代に流行り廃りが激しくなり、需要も減少した。

幸いなことに、このブランドは存続した。

幸いにもブランドは存続し、全米に流通し続けた数少ないライ・ウイスキーの一つでした。 しかし、1900年代半ばの生産の詳細は明らかではありません。 ナショナル・ディスティラーズ社が所有していたラージ・ディスティラリーが1950年代半ばに閉鎖されてからは、オールド・オーバーホルトを誰が作っていたのか、誰にもわからなくなってしまったのである。

1987年にジム・ビーム社がこのブランドを買収したことを除けば、ライ・ウイスキーはペンシルバニア州で蒸留され続けていた。

1987年にジム・ビーム社がブランドを買収し、ライ・ウイスキーはケンタッキー州のクレモント蒸留所で製造されるようになりました。 ケンタッキーで蒸溜されるようになっただけでなく、マッシュ・ビルもコーンが多いものになっています。 以前はライを多用し、100プルーフでボトリングし、ボトリングインボンドであった。 今は、3年熟成で40%のボトリングになっています。 しかし、Beam-Suntoryはブランドのルーツに戻ろうとしているようだ。 ジェイソンは、2018年に出たわりと新しい、オールド・オーバーホルト・ボンデッドをレビューしています。 また、このWhisky Advocateの記事によると、ライは今年の初めに再び43%でボトリングされ始めました。

オールド・オーバーホルト・ライ(1976年) – レビュー

ペンシルベニア州で蒸留され、4年熟成でABV43%。

色:アイスティー

香り:最初に強い熱を感じ、それがペッパー、シナモン、あずき、ライ麦のスパイスの一貫した香りへと変化します。 その間に、レザー、古い木製の家具、オレンジピールオイル、薬のようなニュアンスが感じられます。 もう少し集中してみると、古い木の家具やタイムの香りがしてきます。 グラスを鼻から離していくと、バニラ、トフィー、BBQソース、チェリーの香りがしてきました。

口に含むと、鼻と同じように一貫した味がします。 香りと同様に、ペッパー、シナモン、あずき、ライ麦のスパイスの味が一貫して感じられます。 しかし今回は、オレンジグミとチェリーシロップのような香りが感じられます。 その後、タフィー、バニラ、オレンジピール、ココナッツシロップなどの香りが優しく広がります。

結論

今日の価格を知るためにWhisky Auctioneerをチェックしました。 最近、1976年ものが525ポンドで落札されました。 私が持っていたドラマとサンプルに大金を払わずに済んだのは幸運でした。 これは、現代のアメリカのライのように、飛び抜けたものではありません。

私の経験では、アルコール度数のためにあるはずのない熱さを、驚くほど感じました。

私の経験では、アルコール度数の高さから来るはずのない熱さを感じました。 幸いなことに、これが解消されたことで、このオールドタイマーはその中にある生命を示すことができました。 老人がダンスのウォームアップをしているようなものだ。 疲れた動きになるかと思いきや、演奏が進むにつれ、歩幅が戻ってくる。 最後に良いものを見せてくれて、盛大に終わりました。

Score: 7/10

Old Overholt Rye – review

ケンタッキー州で蒸留、3年熟成(首の後ろのラベル)、ABV40%でボトリング。

色:アイスティー

香りについて。 柔らかいライ麦の香り、チェリーやオレンジにシナモンのアンダートーンが続き、1976年と同じBBQソースの香りがします。 バーベキューソースの後ろには、ハーブ、レザー、古い木製の家具の香りがあります。

口に含むと、ストレートなオレンジ、ライ麦、ライムなどの香りが広がり、最後にはトフィーとバニラの香りが広がります。 オレンジ、ライ麦、チェリー、ペッパー、BBQソースがストレートに広がります。

結論

香りは1976年のものとあまり変わりません。 しかし、香りの順序が異なり、ライ麦のスパイスがよりソフトになっています。 口に含むと、よりストレートであることはもちろん、味も違います。

Score: 5/10

CategoriesAmerican
Tags

overholt

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です