グリーン・デイ

グリーン・デイ

Green Day.jpg

背景情報

別名

Sweet Children(初期)

原産地

米国カリフォルニア州バークレー市。S.

ジャンル

パンク・ロック、ポップ・パンク。 オルタナティブ・ロック

Years active

1987-present

Labels

Reprise
Lookout!

Associated acts

Pinhead Gunpowder
The Network
Foxboro Hot Tubs
The Frustrators
The Longshot

Website

greenday.com

メンバー

ビリー・ジョー・アームストロング
マイク・ダーント
トレ・クール

過去のメンバー

ジョン・キフメイヤー
ジェイソン・ホワイト(現在はツアー・メンバー)

グリーン・デイは1987年に結成されたアメリカのパンク・ロック・トリオです。

Green Dayは元々、カリフォルニア州バークレーのギルマン・ストリート924番地でパンク・ロック・シーンの一員として活動していました。 初期のリリースは、独立系レコードレーベルLookout! Recordsからリリースした初期の作品は、草の根的なファンベースを獲得しましたが、バンドがメジャー・レーベルと契約したときに疎外感を感じた人もいたようです。 しかし、メジャーデビュー作である「Dookie」(1994年)が大ヒットし、全米で1,000万枚、全世界で1,500万枚の売り上げを記録した。 その結果、グリーン・デイは、同じカリフォルニアのパンクバンドであるオフスプリングやランシドと並んで、米国におけるパンク・ロックへの主流の関心と人気を復活させたと広く評価された。 グリーン・デイの3枚の次のアルバム、「インソムニアック」、「ニムロッド」、「ウォーニング」は、「ドゥーキー」のような大成功を収めることはできなかったが、それぞれダブル・プラチナ、ダブル・プラチナ、ゴールドのステータスを獲得し、成功を収めた。 グリーン・デイが2004年に発表したロック・オペラ「アメリカン・イディオット」は、若い世代を中心にバンドの人気を再燃させ、アメリカで500万枚の売り上げを記録しました。次のロック・オペラは2009年に発表された「21st Century Breakdown」です。

バンドは全世界で8,500万枚以上のレコードを販売しており、グラミー賞も「Dookie」で最優秀オルタナティブ・アルバム賞、「American Idiot」と「21st Century Breakdown」で最優秀ロック・アルバム賞、「Boulevard of Broken Dreams」でレコード・オブ・ザ・イヤー賞の4部門を受賞しています。

結成とルックアウト時代(1987~93年)

1987年、14歳の友人ビリー・ジョー・アームストロングとマイク・ダーントは、「Sweet Children」というバンドを結成。 スウィートチルドレンの初ライブは、1987年10月17日、アームストロングの母親が働いていたカリフォルニア州ヴァレーホのロッドズ・ヒッコリー・ピットで行われた。

Lookout! Recordsのオーナーであるラリー・リバモアは、初期のライブを見て、自分のレーベルと契約しました。

初期のライブを見たLookout! リバモアによると、これは地元のバンド「スウィートベイビー」との混同を避けるためだったそうですが、「1,000 Hours」をリリースする前に、バンドは「スウィートチルドレン」という名前をやめました。

Lookout! は1990年初めにグリーン・デイの最初のLP「39/Smooth」をリリースします。

Lookout!

Lookout! Recordsのために録音した古い曲が含まれている。 1991年にはLookout! Recordsは、EP「39/Smooth」「Slappy」「1,000 Hours」をまとめた「1,039/Smoothed Out Slappy Hours」をリリースした。 1990年末、バンド初の全国ツアーの直後、ソブランテは大学に通うためにイーストベイエリアを離れました。

飛躍的な成功(1994~96年)

File:GreenDayLogo1994.jpg

『Dookie』で使用されたGreen Dayのロゴ

Kerplunkのアンダーグラウンドでの成功は、メジャーなレコード会社からの関心の波を呼び、最終的には友好的な条件でLookout!を離れ、プロデューサーのRob Cavalloの注目を集めた後、Reprise Recordsと契約しました。 レプライズとの契約により、多くのパンクロックファンはグリーン・デイを売国奴とみなした。

1994年2月にリリースされた『Dookie』は、3週間でレコーディングされ、商業的にも成功を収めました。MTVで放映された「Longview」、「Basket Case」、「When I Come Around」のビデオがModern Rock Tracksチャートで1位を獲得したことも後押ししました。 この年、グリーン・デイは、クィアコア・バンドのパンジー・ディビジョンをオープニング・アクトに迎え、全国ツアーを行いました。 また、ロラパルーザとウッドストック1994の両方のラインナップに参加し、悪名高い泥試合を始めました。 コンサート中、警備員がベーシストのマイク・ダーントをステージに上がってきたファンと勘違いし、彼の歯の一部を殴り飛ばした。 ウッドストック1994のパフォーマンスは、ペイパービュー・テレビで何百万人もの人々に見られ、グリーン・デイの知名度をさらに高め、アルバムをダイヤモンド・アルバムにまで押し上げるのに貢献した。

1995年には、アンガスのサウンドトラックのためのニューシングル「J.A.R.」がリリースされました。 このシングルは、ビルボードのモダン・ロック・トラック・チャートで、そのまま1位を獲得しました。 この曲に続いて、1995年の秋にはバンドのニューアルバム『Insomniac』が発売されました。 インソムニアック』は、ポップでメロディックな『ドゥーキー』に比べて、よりダークでヘビーなバンドの手応えを感じさせる作品だった。 インソムニアック』のアルバムカバーには、ウィンストン・スミスの「God Told Me to Skin You Alive」と題されたアート作品が使われている。 インソムニアックからリリースされたシングルは、「Geek Stink Breath」、「Brain Stew/Jaded」、「Walking Contradiction」、「Stuck With Me」。 このアルバムは『Dookie』の成功には及ばなかったものの、アメリカで200万枚の売り上げを記録した。 また、「Walking Contradiction」のビデオは、グラミー賞の「Best Video, Short Form」にノミネートされたほか、MTVビデオ・ミュージック・アワードの「Best Special Effects」にもノミネートされた。

Nimrod and Warning (1997-2002)

1996年に活動を休止したグリーン・デイは、1997年にニュー・アルバムの制作を開始しました。 最初から、バンドとカヴァロは、これまでのアルバムとは違うものにしなければならないと考えていました。 その結果、バンドの標準的なポップ・パンクのブランドから実験的に逸脱した「Nimrod」が誕生したのである。 このアルバムは1997年10月に発売された。 ポップパンク、サーフロック、スカ、そしてアコースティックなバラードなど、さまざまな音楽を提供した。 Nimrod」はチャートの10位に入った。 ビリー・ジョー・アームストロングがアコースティック・ギターをかき鳴らしながら、人生の大きな変化を迎える人々を描いたこの曲のビデオは、「Good Riddance (Time of Your Life)」の成功により、MTVビデオアワードの最優秀オルタナティブ・ビデオ賞を受賞した。

2002年の春、グリーン・デイはブリンク182と共同で「ポップ・ディザスター・ツアー」を行いました。 2002年春、グリーン・デイはブリンク182と「ポップ・ディザスター・ツアー」を行いました。

「アメリカン・アイディオット」と人気回復(2003年~現在)

File:GreenDayLogo2004.jpg

『アメリカン・イディオット』で使用されたグリーン・デイのロゴ

2003年の夏、バンドは『シガレット・アンド・ヴァレンタイン』(仮題)というタイトルのニュー・アルバムのための新曲を書き、レコーディングするためにスタジオに入りました。 20曲を完成させた後、マスターテープがスタジオから盗まれました。 当然ながらバンドは動揺し、盗まれたアルバムを再現することはせず、以前よりもさらに良くなることを誓って再出発しました。 この年、グリーン・デイはイギー・ポップのアルバム「スカル・リング」に2曲を提供している。

その結果、2004年に発売されたアルバム『アメリカン・イディオット』は、ファースト・シングル「アメリカン・イディオット」のヒットにより、ビルボード・チャートで1位を獲得し、バンド史上初の首位を獲得しました。 このアルバムは、架空の「郊外のイエス」の旅を描いた「パンク・ロック・オペラ」と称されました。

このアルバムを引っさげて、2005年のグラミー賞では「ベスト・ロック・アルバム」を受賞し、2005年のMTVミュージック・アワードでは、ノミネートされた8つの賞のうち、視聴者賞を含む7つの賞を独占しました。

2005年を通して、バンドはアルバムを引っさげて、日本、オーストラリア、南米、イギリスなど、約150日間のツアーを行い、2日間で13万人の観客を動員しました。 American Idiot」のツアー中には、Kerrang! Magazineの投票で「The Best Show On Earth」に選ばれたイギリスのMilton Keynes National Bowlで行われた2つのコンサートを撮影・録音しました。

これらの録音は、2005年11月15日に「Bullet in a Bible」というライブCDとDVDとして発売されました。 このCD/DVDには、『American Idiot』のヒット曲のほか、『Kerplunk』と『1,039/Smoothed Out Slappy Hours』を除く過去の全アルバムから数曲が収録されていました。 このDVDには、バンドの舞台裏の映像が収録されており、バンドがどのようにショーを開催する準備をしたかが紹介されています。 2005年のワールドツアーの最終公演は、12月14日にオーストラリアのシドニー、17日にオーストラリアのメルボルンで行われました。

2005年8月1日、グリーン・デイは、Lookout! 2005年8月1日、グリーン・デイは、他のルックアウト・レコードのバンドと同様に、未払いのロイヤリティに関する契約違反を理由に、ルックアウト・レコードからドゥーキー以前の作品の原盤権を取り消すことを発表しました。 約1年間、廃盤となっていたドゥーキー以前の作品は、2007年1月9日に現在のレーベルであるRepriseから再発されました。

2006年、グリーン・デイは「Boulevard of Broken Dreams」でグラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。この曲はビルボードのモダン・ロック・トラックで16週にわたって1位を獲得し、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Scar Tissue」、ステインドの「It’s Been Awhile」と並んでその記録を更新しました(この記録は2007年にフー・ファイターズがヒットさせた「The Pretender」に破られ、18週にわたって1位を獲得しました)。

Kerrang!

ビリー・ジョーは、Kerrang!とのインタビューで、”新作『Untitled Eighth Studio Album』の発売日は、2008年が妥当なところだろう “と明かしています。 2007年10月、ビリー・ジョーは、ピアノで新しい曲を書いていて、45曲ほどあると、この新しいアルバムの詳細を発表しました。

21st Century Breakdown

Green Dayは2009年5月15日に『21st Century Breakdown』をリリースしました。 このアルバムは批評家から主に好意的な評価を受け、平均評価は3つ星から4つ星の間でした。 発売後、このアルバムは14カ国で1位を獲得し、それぞれでゴールドまたはプラチナ認定を受けました。 21st Century Breakdown」は、Green Dayのこれまでのチャートにおける最高のパフォーマンスを達成しました。 バンドは4月と5月の初めにカリフォルニアでライブを開始しました。 約3年ぶりのライブとなった。 2009年7月に北米を皮切りに、2009年末から2010年初頭にかけて世界各地を回るワールドツアーを実施。

¡Uno! ¡Dos! ¡Tré!

2011年末には、ほとんど未発表の曲だけで構成されたセットリストのシークレット・ショーを数回行いました。 グリーン・デイは、2012年2月にスタジオに入り、新曲のレコーディングを開始し、その後、2012年末に「¡Uno! また、ツアーギタリストのジェイソン・ホワイトが正式メンバーとなり、レコーディングに参加することも発表されました。

Rock and Roll Hall of Fame and Revolution Radio

2015年4月24日、ロブ・カヴァロは、グリーン・デイが12枚目のスタジオ・アルバムをレコーディングしていることを明らかにしました。 カヴァロは、「ビリーが書いてデモした5つの新曲」を聞いたと主張し、ファンは「彼らが戻ってきたときには、素晴らしい音楽になることを確信してほしい」と述べています。 2015年12月24日、グリーン・デイはクリスマス・ソング「Xmas Time of the Year」をリリースしました。

2016年8月11日、グリーン・デイはファースト・シングル「Bang Bang」をリリースし、アルバムのタイトルを「Revolution Radio」とし、2016年10月7日にリリースすることを発表しました。 また、バンドは、ジェイソン・ホワイトがツアーメンバーとしての役割に戻ったため、アルバムには出演しないことを確認しました。 バンドは、このアルバムをサポートするワールド・ツアーを行いました。 2016年11月、バンドはロサンゼルスで開催されたアメリカン・ミュージック・アワードに出演し、「バン・バン」の演奏中に「No Trump, No KKK, No Fascist USA」と唱えて、当時行われたアメリカでのドナルド・トランプ氏の当選について政治的な声明を出しました。

音楽スタイルと影響

グリーン・デイのサウンドは、ラモーンズ、ザ・クラッシュ、セックス・ピストルズ、ザ・ジャムなどのファースト・ウェーブ・パンク・バンドと比較されることが多いです。 アームストロングの歌詞は一般的に疎外感を表現しています。(「ジーザス・オブ・サバービア」、「ブールバード・オブ・ブロークン・ドリームズ」、「ロード・トゥ・アクセプタンス」、「ディスピアリング・ボーイ」、「キャスタウェイ」)ヒステリー(「バスケット・ケース」。 “ヒステリー(「Basket Case」、「Panic Song」)、女の子(「She」、「80」、「Only of You」、「Maria」、「She’s a Rebel」)、大人になること(「Longview」、「Welcome to Paradise」)、ドラッグをやることの影響(「Geek Stink Breath」、「Green Day」)など。 ラモーンズは、ヒステリー(「Anxiety」、「Psycho Therapy」)、疎外感(「Outsider」、「Something To Believe In」)、女の子(「I Wanna Be Your Boyfriend」、「Sheena Is a Punk Rocker」)、ドラッグ(「Now I Wanna Sniff Some Glue」、「Chinese Rocks」)など、似たような歌詞のテーマを持っていました。 グリーン・デイはラモーンズの曲を何度かカバーしており、トリビュートアルバム「We’re a Happy Family」に「Outsider」を収録したり、2002年にラモーンズがロックの殿堂入りを果たした際に「Blitzkrieg Bop」と「Teenage Lobotomy」を演奏したりしています。

批判と論争

『Dookie』のリリースとそれに続くMTVでの爆発的な放映を皮切りに、グリーン・デイはパンクというジャンルを企業のスポンサーに依存しない社会的な運動と考える人々からかなりの批判を受けました。

その中でも特に問題視されているのが、ジャンル・ラベリングです。 グリーン・デイの音楽スタイルやバンドの背景に反発して、多くのファンやミュージシャンがグリーン・デイを「パンク」という言葉で表現することに強い異議を唱えています。

The KillersのBrandon Flowersは、2007年にグリーン・デイの政治的なコンセプト・アルバム『American Idiot』が “計算された反米主義 “であると発言しました。 彼はアルバムの内容に加えて、最近のライブDVD「Bullet in a Painful Spot」がイギリスで撮影されたことにも問題があると説明しています。 Bullet in a Bible』に収録されているコンサートの収録では、何千人ものヨーロッパ人が “American Idiot “に合わせて歌っている様子が映し出されています。 グリーン・デイのDVDは、ちょっとした演出だと感じていると述べ、「ただ、本当に安いと思った。 イギリスやドイツのような場所に行って、あの歌を歌うなんて……あの子たちは、彼が意味していたのと同じようには受け取っていないよ。 そして、彼も。

最近では、オアシスのギタリスト、ノエル・ギャラガーが、グリーン・デイが「Boulevard of Broken Dreams」で自分の曲「Wonderwall」をパクったと非難しました。 ビリー・ジョー・アームストロングの「Pinhead Gunpowder」(グリーン・デイのライブ・バックアップ・ギタリスト、ジェイソン・ホワイトも参加)、マイク・ダーントがベースを担当する「The Frustrators」、グリーン・デイのメンバー3人が偽のステージ・ネームで演奏する「The Network」などが代表的なものです。 また、ビリー・ジョー・アームストロングは、グリーン・デイの主要メンバーがFoxboro Hot Tubsというバンドに所属していることを確認しています。 Foxboro Hot Tubsのアルバム『Stop, Drop and Roll!!!』は、2008-05-20にリリースされました。

バンドが関わってきたチャリティープロジェクトには、ハリケーン・カトリーナで失われた楽器のための寄付金を募るためのU2とのコラボレーション(「The Saints Are Coming」)や、「Move America Beyond Oil」キャンペーンやその他の環境問題のためにNatural Resources Defense Councilとチームを組んだことなどがあります

2006年9月、グリーン・デイはU2とプロデューサーのリック・ルービンとチームを組み、ザ・スキッズが録音した「The Saints Are Coming」という曲のカバーとそれに伴うビデオをレコーディングしました。

2006年12月、グリーン・デイとNRDCは、アメリカの石油依存に対する認識を高めるため、パートナーシップを組んでウェブサイトを開設しました。

グリーン・デイは、アルバム「Instant Karma: The Amnesty International Campaign to Save Darfur」に収録されている、ジョン・レノンの曲「Working Class Hero」のカバーをリリースしました。 この曲はアルバム「Instant Karma: The Amnes International Campaign to Save Darfur」に収録されています。

その年の夏、バンドは「ザ・シンプソンズ・ムービー」にカメオ出演し、番組のテーマソングを演奏しました。 彼らのバージョンは2007年7月24日にシングルとしてリリースされました。

バンドのメンバー

現在のメンバー

  • ビリー・ジョー・アームストロング – リード・ボーカル、リード・ギター、ピアノ、ハーモニカ(1987年~現在)
  • マイク・ダーント – ベース・ギター、バッキング・ボーカル(1987年~現在)
  • トレ・クール – ドラム、パーカッション、バッキング・ボーカル(1990年~現在)。 backing vocals (1990-present)

元メンバー

  • John Kiffmeyer – drums, percussion, backing vocals (1987-1990)
  • Aaron Cometbus – drums (1990)

Current touring musicians

  • Jason White – lead & rhythm guitar, backing vocals (1999-2012, 2016-present; 2012年~2016年正式メンバー)
  • ジェイソン・フリース – キーボード、ピアノ、アコースティックギター、トロンボーン、サックス、アコーディオン、バッキングボーカル(2004年~現在)
  • ジェフ・マティカ – リズムギター。 backing vocals (2009-現在)

Former touring musicians

  • Gabrial McNair – trombone, tenor saxophone (1999-2001)
  • Garth Schultz – trombone, トランペット
  • Kurt Lohmiller – トランペット、ティンパニ、パーカッション、ボーカル(1999年~2004年)
  • Mike Pelino – リズムギター。 バッキング・ボーカル (2004-2005)
  • Ronnie Blake – トランペット、ティンパニ、パーカッション。

セッション・ミュージシャン

  • Gabrial McNair – Nimrod (1997)でトロンボーン
  • Petra Haden – Nimrod (1997)でバイオリン
  • Rob Cavallo – piano American Idiot (2004)より
  • Stephen Bradley – Trumpet on Warning (2000) and Nimrod (1997)より

Discography

Studio albums

  • 39/Smooth (1990)
  • Kerplunk! (1992年)
  • Dookie (1994年)
  • Insomniac (1995年)
  • Nimrod (1997年)
  • Warning (2000年)
  • Shenanigans (2002年)
  • American Idiot (2004年)
  • 21st Century Breakdown (2009年)
  • ¡Uno! (2012年9月)
  • ¡Dos! (2012年11月)
  • ¡Tré! (2012年12月)
  • Revolution Radio (2016年)
  • The Green Day Story (Broadcast on Radio 1 Mon 20 June 2005) (Alternate Link)
  1. Rossignol, Derrick (April 18, 2015). “グリーン・デイ、ロックンロール殿堂の2015年クラスに参加”. ディフューザー。
  2. インスタグラム – Billiejoearmstrong
  • グリーン・デイ公式サイト
  • グリーン・デイ・アイディオット・クラブ公式ファンクラブ
v – eGreen Day
スタジオアルバム

39/Smooth- Kerplunk!- Dookie- Insomniac- Nimrod- Warning:- American Idiot- 21st Century Breakdown- ¡Uno!- ドス!」「トレ!」。- Revolution Radio- Father of All Motherfuckers

Extended Plays

1,000 Hours- Slappy- Sweet Children- Live Tracks- Australian Tour Souvenir Edition- Bowling Bowling Parking- Foot In Mouth- Tune In, Tokyo….-American Idiot Bonus Disc: Live in Tokyo- Live in Japan- Last Night on Earth (Live in Tokyo)- 21 Guns- 21 Guns (Live)- Oh Love

ライブ・アルバム

Bullet in a Bible- Awesome as Fuck

コンピレーション・アルバム

1,039/スムース・アウト・スラッピー・アワーズ-インターナショナル・スーパーヒッツ!- Shenanigans- Green Day- Demolicious- Greatest Hits:

ボックスセット

The Green Day Collection- The Studio Albums 1990-2009- Uno…. Dos…Dos… Tré!

ビデオ・アルバム

海外のスーパービデオ!- Bullet in a Bible- Awesome as Fuck

サウンドトラック・アルバム

American Idiot: The Original Broadway Cast Recording (Selections)

Singles
Documentaries

¡Cuatro!- Broadway Idiot- Heart Like a Hand Grenade

Tours

Pop Disaster Tour-American Idiot World Tour-21st Century Breakdown World Tour-99 Revolutions Tour-Revolution Radio ツアー

Associated Acts

Foxboro Hot Tubs- The Network

Other

Discography- Cigarettes and Valentines- Green Day: ロックバンド

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です