ソーラーエネルギー分野のメリットを知る|ソーラーエネルギー分野とは

「ソーラーエネルギー分野とは何だろう?

「太陽光は未来のエネルギー」と言われるほど、再生可能な資源として注目を集めています。 そして、最近では「ソーラー・エネルギー・フィールド」という言葉を耳にする機会が非常に増えました。 では、そもそもソーラー・エネルギー・フィールドとは何でしょうか?

この記事では、ソーラー・エネルギー・フィールドとは何か、なぜ重要なのか、そしてどのようにしてソーラー・エネルギー・フィールドを始めることができるのかについて説明します。

まず、ソーラー・エネルギー・フィールドとは何か

ソーラー・エネルギー・フィールドは、基本的にエネルギーの作物です。

ソーラーファーム、ソーラーパネルファーム、太陽光発電パークなどと呼ばれることもあります。 このように、さまざまな名称がありますが、いずれも同じことを指しています。 野菜を育てて収穫することに重点を置く伝統的な農場とは異なり、ソーラーファームはソーラーパネルを育てて電気を収穫することに重点を置いています。

この農場は、太陽に向かって角度をつけた複数のソーラーパネルを固定的に並べたものです。 太陽電池パネルは、太陽の光を取り込み、エネルギーに変換します。 このエネルギーは、電力会社に売られたり、家庭で直接使われたりします。 このような大規模な太陽光発電所は、「ユーティリティスケールソーラー」と呼ばれています。 規模的には、太陽光発電パークは、実用新案登録済の大規模太陽光発電所の1つです。 太陽光発電パークは、数百から数千のソーラーパネルを数エーカーの土地に設置して建設されます。

太陽光発電所は、もう少し小さな規模でも利用されています。 コミュニティー・ソーラー・プロジェクトは、コミュニティ・ソーラーとも呼ばれ、ソーラー・ガーデンを使って、コミュニティ内の複数の家庭に同時に電気を供給します。

ソーラー・エネルギー・フィールドの利点

ソーラー・パネルはメンテナンスがほとんど必要ないため、この種の農業は非常にコスト効率が高いです。 また、太陽光発電所は生物多様性の観点からも優れています。 一般的な農場は単一の作物を栽培することに重点を置いていますが、太陽光発電所では、ソーラーパネルの列と一緒にその地域に自生している植物が生育します。 その地域に自生する植物は、その地域の野生動物にとってより適した生息地となります。 生息地を維持することは、その地域の野生生物の繁栄につながります。

環境に良い影響を与えることも、太陽光発電所のメリットです。 一般的な農場では、一年に一度の作物を栽培するため、土壌の流出による侵食や富栄養化が問題になることが多いです。 ソーラーパネルファームでは、一年草を一切栽培せず、その土地の多年生植物を生かすことができます。 多年草は、ほぼ1年中地面を覆っています。

太陽エネルギーの長所

太陽エネルギーは再生可能なエネルギー資源

太陽の光は、曇りの日でも、ほとんどの地域で容易に得ることができます。 太陽が1日に1時間だけ生み出すエネルギーは、地球全体の1年分のエネルギーを生み出すのに十分な量です。 現在、私たちはこのエネルギーの約0.0001%しか利用することができませんが、各社はより高性能で低コストな太陽電池パネルの開発に力を入れ始めています。 この分野での進歩と消費者の要望により、今後はより効率的に太陽の力を利用できるようになる可能性が高い。

太陽光発電で電気代を節約

家庭の昼間に必要なエネルギーの大部分は、太陽光発電所のグリッドに接続することで賄うことができます。 グリッドは通常、家庭で使用するよりも多くのエネルギーを生成するため、コスト削減にも有効です。 余ったエネルギーはグリッドに戻されます。 この余剰エネルギーは、電力会社に再販売することができます。

太陽電池グリッドは、夜間にはエネルギーの収集や変換を行わないため、家庭は太陽電池グリッドから購入した電気に頼らなければなりません。 昼間の節約分と、グリッドから電気を購入することによる夜間のコスト削減分で、家庭の全体的な電気代を削減することができます。

太陽光発電所はメンテナンスコストが低い

太陽光発電所の初期投資は少々高くつきますが、時間が経てば元が取れるのも太陽光発電の良いところです。 スタートアップの費用が終わった後、ファームの維持にかかる費用はほとんどありません。

ソーラーパネルには可動部がないので、摩耗や劣化の心配がほとんどありません。 それでも、パネルの保証期間は20年から25年が一般的です。

太陽電池の欠点

初期費用

前述したように、太陽電池を作るための初期費用は比較的高い。 この太陽光発電所の初期費用には、太陽電池パネルを作るために必要な備品を購入したり、メーカーから購入したりすることが含まれます。 太陽光発電所を作る場合は、バッテリーやインバーター、ソーラーパネルを設置するための配線なども購入する必要があります。 また、初期投資からソーラーファームの利益が出るまでには、数ヶ月を要します。

太陽光発電所は天候に左右される

太陽光発電のちょっとした欠点として、太陽光発電所の効率がその日の天候に左右されることが挙げられます。 ソーラーパネルは、雨や曇りの日でも太陽エネルギーを集めることができますが、効果はそれほど高くありません。

太陽エネルギーを蓄えるにはお金がかかる

オフ・ザ・グリッド・ソーラー・フィールドでは、昼間に使われなかった太陽エネルギーを大型バッテリーで蓄え、夜に利用します。 これは便利ではありますが、非常に高価な方法です。 実際には、グリッドに接続して、夜間に使用するエネルギーを購入する方がはるかにシンプルで安価です。

広いスペースが必要

太陽光発電所で得られる電力量は、使用するソーラーパネルの数に依存します。 つまり、より多くのエネルギーを収穫するためには、より多くのパネルを使用する必要があるということです。

大規模な太陽光発電所は、複数の家庭の電力をまかなうために使用されます。

実用規模のソーラーファームを始めるためのコストと利益

ソーラーファームのコストについては、ファームのサイズだけでなく、ファームがある場所で利用可能な太陽光や気象条件によっても異なります。

実用規模とみなされるには、少なくとも1メガワットのエネルギーを生産しなければなりません。 この規模になると、エネルギーコストは1ワットあたり1ドルと計算され、1メガワットのエネルギーしか生産できないファームの建設費は約100万ドルになります。

1メガワットの発電量に相当するソーラーパネルを設置するには、5エーカーの土地が必要です。 ソーラーファームの収入とソーラーファームの利益率を考えると、このサイズの平均的な実用規模のファームでは、1エーカーあたり年間21,250ドルから42,500ドルのソーラーファームの利益が得られることになります。 これは、実際にソーラーファームの収入が見られるようになるのは何年も先になるということでもある。 ソーラーファームへの投資は、将来的に大きな配当を得ることができますが、それには時間がかかります。 ソーラーファームの利益率は、時間をかけて着実に生み出されるため、ソーラーエネルギー農業は一攫千金のシナリオではありません

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です