ドイツの第一次世界大戦の借金は、完済するのに92年もかかった

第一次世界大戦が終わったとき、ドイツ人は自分の国をほとんど認識できなかった。 兵士の15%を含む300万人ものドイツ人が犠牲になったのです。 ドイツは王政から共和制への移行を余儀なくされ、国民は国の苦い損失に屈辱を感じていました。

それ以上に屈辱的だったのが、ドイツの降伏条件でした。 第一次世界大戦の勝者は、ドイツが戦争を始め、恐ろしい残虐行為を行い、秘密の条約でヨーロッパの平和を破壊したと非難した。 しかし、何よりも恥ずべきことは、ドイツが署名させられた懲罰的な平和条約であった。

ヴェルサイユ条約は、単にドイツの戦争責任を問うだけでなく、1320億金マルク(今日では約2690億ドル)の金銭的賠償を要求したのです。

ドイツはいつ、どのようにして債務を支払うことができたのでしょうか。

ドイツ人は、ベルサイユ条約に基づいて、ベルリンの外で戦争用の機械を分解しました。

Hulton Archive/Getty Images

続きを読む

まさか92年もかかるとは誰も思いませんでした。 これは、ドイツが第一次世界大戦の賠償金を返済するのに92年もかかったことを意味します。

第一次世界大戦後、連合国側はドイツに対して懲罰的なアプローチをとりました。激しい交渉の結果、ベルサイユ条約には「戦争責任条項」が盛り込まれ、ドイツは戦争の唯一の責任者として賠償金の支払いを余儀なくされました。

ドイツは金本位制を停止し、戦争の資金を借金でまかなっていました。

ドイツは金本位制を停止し、借金で戦争資金を調達していたため、賠償金の支払いで経済が逼迫し、ワイマール共和国はマルクの価値が下がると紙幣を印刷した。 ワイマール共和国はマルクの価値が下がると紙幣を印刷し、ハイパーインフレがドイツを襲った。 1923年11月には、420億マルクがアメリカの1セントに相当するようになりました。

1920年代のドイツのハイパーインフレ期には、10万マルクが1米ドルに相当していました。

Bettmann Archive/Getty Images

ついに、賠償金の支払いを確実にするために、世界が動員されました。 1924年、ドーズ・プランによってドイツの戦争債務は削減され、新しい通貨の導入が余儀なくされました。 賠償金は、アメリカがドイツにお金を貸して賠償金を支払い、賠償金を徴収した国がそのお金でアメリカの借金を返済するという、奇妙なラウンドロビン方式で支払われ続けた。

しかし、ワイマール共和国は依然として債務の支払いに苦しんでいたため、1928年には別の計画が練られました。

「ヤング・プラン」は、ドイツの戦争債務を1,210億金マルクまで削減するというものでしたが、世界恐慌の勃発により失敗に終わり、ドイツの経済は再び崩壊していきました。

1931年、ハーバート・フーバー大統領は災難を未然に防ぐため、賠償金の支払いを1年間猶予した。 翌年のローザンヌ会議で、連合国側はドイツの賠償金を全額帳消しにしようとしましたが、アメリカ議会はこの決議への署名を拒否しました。 ドイツはまだ戦争の負債を抱えていたのである。

続きを読む ベルサイユ条約とドイツの罪悪感が第二次世界大戦を引き起こした

その直後、アドルフ・ヒトラーが当選しました。 彼は1933年にすべての支払いをキャンセルしました。 “歴史学者のフェリックス・シュルツはBBCのオリビア・ラングに「ヒトラーは単に支払わないだけでなく、条約全体を覆すことを約束した」と語っています。 彼の拒否は、賠償金を屈辱的なものと考えていた国民にとって、愛国心と勇気のある行動と見なされました。

1936年8月25日、宣誓するドイツ国防軍の新入隊員たち。 ヒトラーの軍隊の成長はベルサイユ条約に違反していた。

Keystone-France/Gamma-Keystone/Getty Images

しかし、ドイツは戦争に勝つ運命ではなく、1945年4月にヒトラーが自殺し、その数日後にドイツが正式に降伏することで第三帝国は終わりました。 その数日後、ドイツは正式に降伏した。 何百万人もの人々が家を失っていた。 550万人以上のドイツ人戦闘員と、880万人のドイツ人民間人が死亡した。

第二次世界大戦では、連合国側からも賠償金が支払われました。

連合国側も第二次世界大戦の賠償を行いましたが、それは実際のお金ではなく、産業の解体、知的財産の除去、何百万人ものドイツ人捕虜の強制労働などによって行われました。 降伏後、ドイツは4つの占領地域に分けられ、1949年には国が2つに分割されました。 経済復興はおろか、賠償金の支払いも望めそうにありませんでした。

ドイツ放送のアンドレアス・ベッカー記者によると、その頃、西ドイツは70カ国に300億ドイツマルクの借金があり、資金不足に陥っていたという。 しかし、西ドイツのコンラート・アデナウアー大統領が1953年に西側諸国と交渉したことで、思わぬ希望の光が射してきた。 ロンドン債務会議で、ドイツの債務の半分を帳消しにし、支払い期限を延長したのである。 また、西ドイツは貿易収支が黒字の場合のみ支払いを行うことになったため、経済成長の余地が生まれた。

やがて西ドイツは、マーシャルプランによる援助を受け、賠償金の負担がほとんどなくなったことで、ヨーロッパで最も成長率の高い経済国となった。

この「経済の奇跡」により、西ドイツの経済は安定し、新しい計画では、賠償金の支払いの可能性を利用して、各国に西ドイツとの貿易を奨励しました。

それでも、ドイツが賠償金の残りを返済するには何十年もかかりました。 ロンドン会議で西ドイツは、旧ドイツが第一次世界大戦で負った負債のすべてを負うべきではないと主張し、ドイツが再統一するまで遡及利息の一部を支払うことで合意しました。 統一後、ドイツは少しずつ借金を返していった。 そして、ドイツ再統一20周年にあたる2010年10月3日に、最後の債務の支払いが行われたのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です