バイオグラフィー St. Thomas the Apostle

名前 シリア語で「双子」を意味する(双子/トーマスは、ギリシャ語ではディディムス、フランス語ではジュモーとも呼ばれる); インドの使徒; 疑い深いトーマス

誕生 不明
死 72年頃 槍で刺される。 in India

祭日 – 7月3日

盲人(時折、精神的な盲目になるため)、職人(建築家、大工、&石工など)、幾何学者、神学者の守護聖人

使徒聖トマスについてはほとんど記録がありません。 トマスはガリラヤの質素な家庭に生まれたと思われますが、漁師だったということは書かれていません。 彼はユダヤ人であったが、どのようにしてキリストの使徒になったのかは記されていない。 しかし、第4福音書のおかげで、他の12人よりも彼の個性が明確になりました。 トマスの名前は、マタイ(10:3)、マルコ(3:18)、ルカ(6)、使徒言行録(1:13)に登場しますが、ヨハネの福音書では特に特徴的な役割を果たしています。 トマスは信念がないと非難されることが多いですが、トマスも同様に勇気があり、危険な時にはイエスの側に立つことを厭いませんでした。 また、彼はひたすら真理を求めました。 好奇心旺盛な子供のように、常に質問をしていました。

忠実な信者であるトマス
イエスが亡くなったばかりのラザロをユダヤに訪ねることを発表したとき、トマスは仲間の弟子たちに言いました。 “私たちも行こう、彼と一緒に死のう」(ヨハネ11:16)。 心配した弟子たちが、石打ちの刑に処されることを恐れて、イエスを行かせないようにしようとしたとき、トマスは、ペンテコステ以前の使徒たちがあまり表現しなかった勇気ある瞬間に、他の弟子たちを集めて、どんなことがあっても主人のそばにいるようにしました。

Thomas, Inquisitive Student
その後、ヨハネの福音書14:1-5では、聖トマスが最後の晩餐の前に異議を唱えました。 私の父の家には、たくさんの住まいがあります。そうでなければ、あなたがたに話したでしょう。 わたしが行ってあなたがたのために場所を用意するなら、わたしは再び来て、あなたがたを自分のところに迎え入れよう。 あなたがたは、わたしが行く道を知っている。”

トマスはイエスに言った、「主よ、私たちはあなたがどこへ行かれるのか知りません、どうやって道を知ることができますか」

十二人の典型的な鋭さで、トマスはイエスの死と復活についての言及を誤解しました。 トマスの質問は、イエスがご自身のミニストリーの中で最も深遠で困難な真理の一つを教える機会となりました。 イエスはトマスに言われた。

Thomas, Doubting Apostle
最後に、聖トマスは、イエスが復活した後、初めて弟子たちに現れたとき、上の部屋にいなかったことで有名です。 トマスは、「イエスの手に釘の跡を見て、その釘の跡に指を入れ、イエスの脇腹に手を入れなければ、私は信じません」(ルカ20:25)と言って、他の人たちの証言を退けました。 8日後、トマスは信仰の行動をとった。 彼はイエスの足元にひれ伏して「私の主、私の神!」と言うと、イエスは「トマス、あなたは私を見たから、信じたのです。 見なかったのに、信じた人は幸いである」(ヨハネ20:25-29)と言われました。

Thomas, Reluctant Missionary
トマスの宣教活動に関する記述は信憑性に欠けていますが、最も広く受け入れられているのは、トマスがインドで説教をしたという報告ですが、彼は宣教開始には消極的でした。 Acta Thomae』によると、使徒たちは宣教活動のために世界を分割し、インドはトマスの手に渡ったという。 しかし、トマスは「自分は健康ではない」「ヘブライ人ではインド人を教えることはできない」と主張し、キリストの幻を見てもその考えを変えることはできなかった。 そこで、キリストはある商人に現れ、トーマスをインドの一部を支配する王の奴隷として売り渡した。 ある話では、トマスはインドの王のために永遠に続く宮殿を建てることを申し出たという。 王はトマスにお金を与え、トマスはそれを貧しい人々に与えました。 聖トマスは、自分の進歩を示すように求められ、自分が建てている宮殿は、地上ではなく天上にあると説明しました。 最終的に、神の意志に委ねたトーマスは、奴隷から解放されました。

今日まで、聖トマスはインドの使徒として崇拝されています。

今日、聖トマスはインドの使徒として崇拝されていますが、インドの西海岸にあるマラバル海岸には、聖トマスによる改宗を主張するキリスト教徒がいます。 聖トマスは7つの教会を建て、マドラス近郊の「ビッグ・ヒル」で祈りの最中に槍で刺されて殉教し、インド東海岸のマイラポアーに埋葬されたという伝承がある。 その後、聖トマスの遺骨はイタリアのオルトナに運ばれ、現在に至っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です