フケにココナッツオイルを使う6つの効果的な方法

ココナッツオイルはフケをなくすのに非常に効果的で、何千年もの間、そのための自然療法として使われてきました。 ココナッツオイルのユニークな栄養組成は、フケの最悪の症状だけでなく、この刺激的で見苦しい状態の根本的な原因を打ち消したり、中和したりすることができます。

米国農務省によると、ココナッツオイルには髪の質を改善するのに役立つビタミン、ミネラル、脂肪酸が含まれています。 ココナッツオイルには、ミネラル、抗酸化物質、ラウリン酸、カプリン酸、カプリル酸などが豊富に含まれているため、使用することで迅速な治癒が期待できます。 また、頭皮や肩を清潔に保ちながら、将来のフケに対するシールドにもなります。 これ以外にも、ココナッツオイルは、もろい髪や抜け毛、枝毛を減らすなど、髪の健康を維持するためのさまざまな用途があり、化粧品やシャンプー、コンディショナーなどによく見られます。

フケの原因

フケの原因には、真菌性酵母の過剰増殖、湿疹、乾癬、乾燥肌、皮膚炎、不衛生、髪の洗いすぎ、ヘアケア製品に対する過敏な肌など、さまざまなものがあります。 また、髪の保湿剤や洗髪のしすぎは、頭皮や髪の健康状態をさらに悪化させる可能性があります。 フケの原因を特定するのは難しく、様々な製品やアプローチを試すことになりますが、なかなかうまくいかないことが多いのです。

ココナッツオイルがフケの治療に効果的なのは、ココナッツオイルが包括的な効果を持ち、症状の重さや根本的な原因に関わらず、フケを中和することができるからです。

背景をぼかした木製のテーブルの上に、半分と全部のココナッツが入ったココナッツオイルのボトル

フケ用のココナッツオイルは、頭皮に潤いを与え、柔らかく滑らかな状態にします。 Photo Credit:

フケにココナッツオイルを使うには

ココナッツオイルは、ヨーグルト、フェヌグリーク、ローズマリー精油、樟脳、ティーツリーオイルなど、他の多くの健康的な物質と組み合わせて使うことができます。

強力な栄養素が最も純粋に濃縮されており、他の化学物質や漂白剤、消臭剤などで加工されていないため、ヴァージン・オーガニック・ココナッツ・オイルを使用するのが良いでしょう。

ピュア・ココナッツ・オイル

材料:

  • ココナッツ・オイル大さじ2
  • ぬるま湯

このシンプルな方法を使う前に、普通に髪を洗ってから髪を乾かします。

ココナッツ・オイル(液状)を頭皮に塗布し、3~5分間指でマッサージします。

5~10分後、ぬるま湯で洗い流し、軽く乾かします。

フケの症状がなくなるまで、毎週1回この作業を繰り返します。

別の方法もあります。 ココナッツオイルを塗った後、シャワーキャップをかぶり、一晩頭皮にオイルを浸します。 翌朝、ぬるま湯でオイルを洗い流します。

カンフル剤 & ココナッツオイル

成分。

  • カンファー小さじ1
  • ヴァージン・オーガニック・ココナッツ・オイル1/2カップ
  • 密閉容器

カンファーとココナッツ・オイルを十分に混ぜ合わせます。

寝る前に、少量を指にとり、頭皮全体をマッサージします。

この混合物が頭皮に完全に浸透するまで(30~40分かかります)

このプロセスを1~2週間、またはフケの症状がなくなるまで毎日繰り返します。

治療の合間には、この混合液を密閉容器に入れて保管してください。カンファーはココナッツオイルを急速に分解する原因となります。

ココナッツオイル & レモンジュース

成分:

  • レモンジュース大さじ2
  • ヴァージンオーガニックココナッツオイル大さじ2

レモンジュースとオイルを混ぜ合わせ、低温で加熱しておきます。

この混合物を頭皮に塗布し、5~10分間、頭皮に直接擦り込みます。

頭皮につけたまま20~30分保ちます。

非常にマイルドなシャンプーで髪を洗い、ぬるま湯ですすぎます。

症状が改善され、フケがなくなるまで、週に1~2回繰り返します

ココナッツオイル & フェヌグリーク

成分です。

  • フェヌグリークシード(砕いたもの)大さじ1
  • ヴァージンオーガニックココナッツオイル(液体)大さじ4

温めたオイルに粉末のフェヌグリークを混ぜ、冷ましておきます。

この混合物を頭皮にたっぷりとマッサージします。

2〜3時間頭に置いておく(必要に応じてシャワーキャップをかぶる)

非常にマイルドなシャンプーで混ぜたものを洗い流し、髪を優しく乾かす。

フケの症状がなくなるまで、週に2〜3回繰り返す。

ココナッツオイル & オレガノオイル

成分。

  • オレガノオイル(濃縮された強力なもの)小さじ1
  • バージンオーガニックココナッツオイル小さじ5

2つのオイルを小さなボウルで一定になるまで混ぜます。

この混合物を頭皮に塗布します。根元を中心に塗布しますが、タンパク質の保持力を高めるために、髪の毛全体にも塗布します。

この混合液を頭皮に5~10分間マッサージします。

通常のシャンプーで髪を十分に洗います。

このプロセスを週に2回繰り返すと効果的です。

ココナッツオイル、ハチミツ、オリーブオイル & ヨーグルト

材料。

  • バージンオーガニックココナッツオイル大さじ2
  • エキストラバージンオリーブオイル大さじ2
  • オーガニックハチミツ大さじ2
  • ヨーグルト大さじ3

すべての材料を中サイズのボウルに入れて、安定したペースト状になるまで混ぜる。

ペーストを頭皮全体に均等に塗布し、指先で優しくマッサージしながら5~10分おきます。

このペーストを45~60分放置します(必要に応じてシャワーキャップをかぶります)。

マイルドなシャンプーで髪を洗います。

髪が乾いたら、小さじ1杯のココナッツオイルを手に取り、手のひらで溶かします。

これを頭皮になじませるようにマッサージします。

この2ステップのプロセスを、フケの症状がなくなるまで、少なくとも週に1回は繰り返します。

ココナッツオイルには、皮膚の保湿、真菌やバクテリアの感染の除去、髪や頭皮のコンディションを整える、健康な皮膚細胞の再生を促す、かゆみや炎症を鎮める、髪の香りや見た目を良くするなどの効果があるため、フケの解消に使用することができます。

頭皮の皮膚を保護する

このオイルに含まれるポリフェノール化合物とビタミンE(トコフェロール)の組み合わせは、デリケートな頭皮の皮膚を、酸化ストレスを引き起こすフリーラジカルの影響から保護し、細胞を弱らせ、感染症や細胞死を起こしやすくする効果があります。 また、抗酸化物質として働くビタミンEは、皮膚に浸透して栄養分を最も必要とされる場所に届けるのに最適な物質のひとつです。

肌の保湿

ココナッツオイルは肌の保湿に優れています。 フケの原因が過度の乾燥肌であったり、油分の多いシャンプーで髪を洗いすぎていたりする場合は、このオイルが有効な戦略となります。 水分がないと肌の細胞が死んで剥がれ落ち始めるので、ビタミンEなどの中鎖脂肪酸を細胞の奥まで届けることで、肌を若返らせるだけでなく、さらなる水分の損失を防ぐことができます。

再生を促す & 修復

フケの根本的な原因を解決した後は、傷ついた皮膚細胞や毛包を修復し、新しい細胞に生まれ変わらせる必要があります。 ココナッツオイルは、頭皮の血流を促進し、細胞に栄養と酸素を送り込み、修復と再生のプロセスを加速させます。 また、ココナッツオイルに含まれる抗酸化作用は、頭皮の成長を促すと同時に、細胞レベルで進行中のダメージから保護してくれます。 また、頭皮の皮膚を過度に掻きむしると、炎症や細胞へのダメージの原因となりますので、修正する必要があります。

真菌感染を防ぐ

マラセチアと呼ばれる特定の酵母菌の過剰繁殖がフケの原因であることはよく知られていますが、この真菌感染が頭皮に長期的に悪影響を及ぼすことを知っている人はほとんどいません。 ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸には抗真菌作用があり、これらの真菌体を効果的に中和し、再発を困難にします。 他の多くの伝統的な治療法には抗真菌成分が含まれていないため、フケがなかなか治らない人もいるのです。

免疫力を高める

フケの原因は真菌だけではなく、脂漏性皮膚炎もよく見られます。 脂漏性皮膚炎は、頭皮のニキビのようなものです。過剰な皮脂で毛根が詰まり、細菌が繁殖し、体が感染に対抗するために抗体を送るため、大きな炎症やかゆみが生じます。 この炎症により、不快感が増し、掻きむしってしまい、結果的に剥がれ落ちたり、フケが増えたりします。 ココナッツオイルに含まれるラウリン酸とカプリン酸の抗菌作用は、特にこれらのバクテリアを除去するのに有効で、毛根にある毒素や汚れを排出し、問題を「根本」から解決することができます。

かゆみを防ぐ

フケには目に見えるマイナスの副作用がたくさんありますが、中でも頭皮の炎症やかゆみは最も厄介なものでしょう。 ココナッツオイルには鎮痛・抗炎症作用があることが証明されており、表向きには頭皮を少し麻痺させて皮膚を冷やし、常にかゆい思いをする必要がなくなり、結果的に肩の皮膚の剥がれを最小限に抑えることができます。

タンパク質を減らす & 抜け毛

髪の毛がタンパク質を保てなくなると、髪の毛が弱くなったり、抜け落ちたりして、毛根が感染症にかかりやすくなり、髪の毛の健康状態がさらに悪くなります。 ココナッツオイルは、髪の毛をコーティングしてタンパク質の損失を防ぎ、抗酸化物質とビタミンEの成分で毛根をサポートします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です