プレシャスモーメンツ・パーク&チャペル

チャペルの混雑状況
チャペルを見学する見学者たち。

編集部によるフィールドレビュー

ミズーリ州カーセージ

1985年、世界で最もホットなフィギュアグッズは「プレシャスモーメンツ」でした。 球根頭で、アニメのような目をした、ほとんど口のない子供たち、多くはずんぐりした翼を持った赤ちゃん天使として描かれており、ほとんどすべての祖母の骨董品棚に入っていました。

その時、神様がサム・ブッチャーに語りかけました。

その時、神はサム・ブッチャーに語りかけました。「車を借りて、サムが主のために傑作を作れる場所を探しなさい」と。

天使のプロムナードでチャペルへ。
チャペルに向かう天使のプロムナード。

その場所はミズーリ州カルタゴの郊外にあり、ローマのシスティーナ礼拝堂にヒントを得て作られた傑作が「プレシャスモーメンツ・チャペル」です。 ローマのシスティーナ礼拝堂をモチーフにした傑作、それが「プレシャスモーメンツ・チャペル」です。内部にはブッチャー氏によって聖書の壁画やフレスコ画が描かれていますが、ミケランジェロの傑作ではなく、電球頭のプレシャスモーメンツの子どもたちが登場するカートゥーンアートです。

サムは、4年かけてチャペルを塗装し、一般公開しました。彼のコレクターとしての活動から得た資金をもとに、チャペルの周りには、公園のような広大な土地、プレシャスモーメンツ・ミュージアム、コンベンションセンター、音楽の生演奏が行われる「天使の泉」、結婚式ができる「ウェディング・アイランド」、プレシャスモーメンツのギフトショップが並ぶミニモールなどが設置されました。

時の流れと人々の嗜好の変化により、プレシャスモーメンツの勢いは弱まりました。 2007年には、パークの付属アトラクションのほとんどが閉鎖されました。

天国の階段には軍人さんのトリビュートが飾られています。's steps.
Military tribute on Heaven’s steps.

礼拝堂のウォーキングツアーは、1時間ごとにミニモールから出発します(Precious Moments Chapelの見学は、システィーナ礼拝堂に比べれば楽勝です)。 グループは、死んだ子供に捧げられた、腰の高さまである赤ちゃん天使の像が並んだセメントの小道を歩きます。 ガイドは、サムの労働の裏話を語ってくれる。高さ35フィートの足場の上で、500時間以上も仰向けになって、75体の赤ちゃんの天使を天井に描いていたのだ。 “

(ガイドによると、プレシャスモーメンツのツアーで最も聞かれる質問は、「ブッチャー夫人はどこにいるのですか?

チャペルのステンドグラス
チャペルのステンドグラス。

私たちのグループは、チャペルのほぼ全面に描かれた「プレシャスモーメンツ」の絵に目を奪われました。「5,000平方フィート以上のファインアートです」とガイドは言います。 懐中電灯を持った2人の赤ちゃん天使は、「神は『光あれ』と言われた」という聖書の一節を描いています。 2人の黒い天使を含む数人の赤ちゃん天使は、地球とバスケットボールをしています。 ガイドによると、この礼拝堂では多くの人が、コレクションしたフィギュアをもとに宗教的な体験をしているという。

祭壇の後ろの壁には、サムの最高傑作である「ハレルヤ・スクエア」が飾られている。 死んだ子供が天国に到着する様子が描かれています。 数人の赤ちゃん天使が “Welcome To Your Heavenly Home “と書かれたサインを持っています。 歓迎」と書かれた看板は、かわいい子供たちが時々するように、逆さまに持っています。 また、ハレルヤ・スクエアでは、愛らしい動物たちと戯れています。 壁画の中央には、キリストが描かれています。

Follow me.

サム・ブッチャー氏は、ジョージ・ルーカス氏のように、時間をかけてオリジナルの傑作に手を加え、彼の母親や軍人、亡くなった人たちのプレシャスモーメンツ版を追加しました。 私たちのグループの若者は、壁画の横に座って、自分がその一部であることを「想像」するように誘われました。 “

ツアーの一部である、教壇に囲まれた奥の部屋には、交通事故で亡くなったサムさんの息子、フィリップさんへの追悼の意が込められています。 壁一面にフィリップの寝室の絵が描かれています。 彼の空のベッドの上には、ふくらんだ雲の上に、赤ちゃん天使たちが “お帰りなさい、フィリップ “と書かれた看板を持っています。

他の部屋には、プレシャスモーメンツの風刺画にされた死者(主に子ども)の写真が飾られています。

他の部屋には、プレシャスモーメンツの風刺画にされた、主に子どもたちの写真が展示されています。 また、革製の巨大な台帳には、来場者が亡くなった友人や親戚に宛てた手書きのメッセージが書かれています。

チャペルの外には、サムの個人的な墓石があり、その一部が刻まれています。

私が死んだとき、訪れた人が
私の残した芸術作品に
大きな安らぎを感じてくれることを信じています

サム・ブッチャーはまだ生きていますが、プレシャス・モーメンツ・パークで彼の姿を見ることはできないでしょう。 彼は21世紀の大半を東南アジアで過ごし、2006年にはフィリピンで初の通年クリスマスショップを備えたブティックリゾートと、それよりも小さいプレシャスモーメンツ・チャペルをオープンしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です