ライアン・トラックス

初期のキャリア

トラックスのCWイーストのチャンピオンカー

div

2012年、テキサス・モーター・スピードウェイでのTruex

メイエッタ出身のTruex。

ニュージャージー州メイエッタ出身のトゥルックスは、サザン・リージョナル・ハイスクールに通う17歳の高校生として、2009年のNASCARキャンピング・ワールド・イースト・シリーズでチャンピオンを獲得しました。

11レース行われたシーズンでは、8回のトップ5を獲得しました。 ワトキンス・グレン、トンプソン、ライム・ロック・パークで3勝を挙げました。

2010年には、マイケル・ウォルトリップが所有するトヨタ車で、2年連続のキャンピング・ワールド・イースト・シリーズ・タイトルを獲得しました。

Touring seriesEdit

Truexは、2010年7月17日のゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイを皮切りに、6つのNASCARネイションワイド・シリーズ・イベントに出場しました。 トゥルークスは、2011年のルーキー・オブ・ザ・イヤーにMWRから出走する予定でした。 しかし、モトクロスのスタントパフォーマーであるトラビス・パストラーナが99号車を7レース走らせた。 Truexの計画では、ROTYをスキップしてNationwide Seriesで10レース連続で走り、2012年には20レースを走る予定でしたが、テキサスで手術により99号車を降り、David ReutimannとチームオーナーのWaltripに交代して、リストリクタープレートのトラックでドライブすることになりました。 ウォルトリップとライアンの弟のマーティンも分担して乗っていました。

99チームのスポンサー不足により、TruexはSTP300の後、Pastrana Waltrip Racingから放出されました。

99チームはスポンサー不足のため、STP300終了後にパストラナ・ウォルトリップ・レーシングを解雇されました。 2012年には、トミー・ボールドウィン・レーシングのドライバーとして、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されたDRIVE4COPD 300の開幕戦に参加し、31位でフィニッシュしました。

2012年6月2日、JGRのドライバーとしてドーバー・インターナショナル・スピードウェイを走り、自己最高位の2位を獲得しました。

2012年6月2日、ドーバー・インターナショナル・スピードウェイで、JGRのドライバーとしてキャリア最高の2位を獲得しました。

National seriesEdit

2013年2月、トゥルックスは、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されるキャンピング・ワールド・トラック・シリーズにターナー・スコット・モータースポーツから参戦することを発表しました。 さらに、フェニックス・レーシングと契約してスプリントカップシリーズに参戦し、リッチモンド・インターナショナル・レースウェイで少なくとも1レースに出場したほか、ネイションワイドシリーズではチームの一員としてインディアナポリス・モーター・スピードウェイに参戦しました。その後、トゥルークが鎖骨を骨折したため、スプリントカップシリーズでのデビューとネイションワイドシリーズでの参戦は延期されました。

2013年6月2日、トゥルックスがリチャード・ペティ・モータースポーツと開発ドライバーとして契約したことが発表され、7月中旬にはフェニックス・レーシングからブリストル・モーター・スピードウェイで開催されるアーウィン・ツールズ・ナイトレースでジェームス・フィンチの51号車を駆り、スプリントカップ・デビューを果たすことが発表されました。 その2週間後にハリー・スコット・ジュニアが51番チームを買収した後、トゥルークスはスコットのためにリッチモンド・インターナショナル・レースウェイで行われたチームオーナーとしての初レースに参加しました。 その後、彼のホームコースであるドーバー・インターナショナル・スピードウェイでもスコットのためにドライブし、32位でフィニッシュしました。

ソノマ・レースウェイでのTruexの2014年カップシリーズマシン

2014年1月、TruexはBKレーシングのために、2014年のデイトナ500の前のテストで93号車でドライブしました。 その後、同チームの83号車に配属されてシーズンを全うしました。 また、トゥルックスは、ターナー・スコット・モータースポーツのバス・プロ・ショップスのシボレー32号車をドライブし、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われたキャンピング・ワールド・トラック・シリーズの開幕戦に出場しました。

9月、ニューハンプシャー・モーター・スピードウェイとドーバー・インターナショナル・スピードウェイでのレースで、TruexはTravis Kvapilと交代して83号車をドライブしました。 ドーバーでのレース週末に、トゥルックスはBKレーシングからの離脱を確認しました。 2015年にライドを受けなかったTruexは、Biagi-DenBeste Racingにピックアップされ、Xfinityシリーズのリッチモンドを皮切りに3レースをドライブしました。

Truexの2018年のマシン(ロード・アメリカにて)

2015年にライドが見つからなかったTruexは、2016年、デイトナでの開幕戦でトラックシリーズに復帰し、No. 81を服部レーシングエンタープライズから駆りました。 トゥルックスはレースの一部でトップ10を走行し、最終ラップではパーカー・クライガーマンのサポートを失いながらもリードしていました。 2位でフィニッシュした後、彼はアトランタ、マーティンズビル、カンザスを走り、シーズン通して走りたいと発表しました。 しかし残念なことに、スポンサーシップがチームの問題となっていたため、テキサスではジェシー・リトルと交代し、残りの期間は限られたスケジュールになってしまいました。 しかし、Truexは2017年にHREに復帰し、今度は番号を変えた16号車でトラックのフルスケジュールを走りました。 13回のトップテンフィニッシュ(うち8回はトップ5)と2回のポールを獲得してポイント9位となった後、2018年1月4日にHREから解雇されました。 しかし、無職の状態は長くは続かず、Kaulig Racingと契約し、パートナーであるBar Harbor Foodsのスポンサーを得て、2018年のNASCAR Xfinityシリーズで彼らのフラッグシップである11号車をドライブすることになりました。 トップ5が1回、トップ10が11回の成績を収めたTruexは、Round Of 12の後に脱落し、ポイントで12位となりました。

2019年のNo.11の後継者としてジャスティン・ヘイリーが発表されたことで、TruexはKauligとの契約を失いました。 1月16日、トゥルックスはデイトナ500にトミー・ボールドウィン・レーシングから参戦し、71号車をドライブすることを発表しました。 2019年1月25日には、トゥルックスがJRモータースポーツの8号車をパートタイムでドライブすることが発表されました。 トゥルックスは、オフシーズンにチームオーナーのデイル・アーンハートJr.にコールドテキストでオープンライドの問い合わせをし、8号車でパートタイムで走るのに十分な予算を見つけることができました。

2020年、トラックシリーズに復帰したTruexは、3月のテキサスレースを皮切りに、Niece Motorsportsと6レースの契約を結びました。 Truexは当初、同チームにフルタイムでの参戦を求めていましたが、フルシーズンを確保するのに十分なスポンサーシップをもたらすことができませんでした。 2020年に9レースを走り、ラスベガスとカンザスで12位という最高の成績を収めた後、Truexは2021年のシーズンに向けてNieceとのフルタイムスケジュールにアップグレードしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です