ルイボスティーを飲むと健康に良いのか

ルイボスティーに期待される健康効果

ルイボスティーはハーブティーなので、カフェインが含まれていません。 また、緑茶や紅茶のように、苦味成分であるタンニンも含まれていません。

抗炎症作用

ルイボスティーに含まれる抗酸化物質はポリフェノールで、植物がストレスに対抗するための化学物質です。 ポリフェノールを豊富に含む食品を食べると、炎症が起こりにくくなります。 慢性的な炎症は、がんや心臓病などのリスクを高めると言われています。

糖尿病のコントロール

研究者たちが特に注目しているのは、ルイボスに含まれる抗酸化物質であるアスパルシンで、血糖値を下げる効果があると考えられています。 実験室や動物実験では、アスパラチンは抗糖尿病薬として働きました。 人間の研究では、アスパラチンが体内で同様の働きをすることが確認できるかもしれませんが、さらなる研究が必要です。 なお、一般的な赤いルイボスティーは、発酵によってアスパラチンの多くが破壊されています。

血圧コントロール

医師は血管を弛緩させて血圧を下げるために、ACE阻害剤と呼ばれる薬をよく処方します。 植物の中には、天然のACE阻害剤として働くものがあります。 ある研究では、緑茶とルイボスティーの両方が、研究参加者にACE阻害剤として作用しました。 この研究は小規模なものでしたので、効果を確認するにはさらなる研究が必要です。 血圧の薬を服用している場合は、医師の承認なしに決して中止しないでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です