使徒信条で「イエスは地獄に下った」と言うとき、私たちは何を意味しているのでしょうか

この疑問に迫るためには、まず「地獄」という言葉を検証する必要があります。

しかし、旧約聖書では、地獄(ヘブライ語ではsheol、ギリシャ語ではhades)は「死者の場所」を意味していました。

しかし、旧約聖書では地獄(ヘブライ語ではシェオール、ギリシャ語ではハデス)は「死者の場所」を意味していました。 この地獄は、善人も悪人も、正義の人も不正義の人もいる。 それは暗黒の世界であった。 旧約聖書の後期の記述では、地獄では善人がいるところと悪人がいるところが明確に区別されており、両者は通れない深淵で隔てられていた。 不義の者のための区画はゲヘナと名付けられ、魂は火による永遠の苦痛を受けることになります。

(ゲヘナはユダとベニヤミンの領土の境界にある谷の名前です。 ここには、異教の神モレクが祭られており、人間の生け贄が捧げられていました。 預言者エレミヤはこの場所を呪い、死と腐敗と汚職の臭いがする「屠殺の谷」と非難しました。

主はこの「死者の地」という地獄の理解を証明してくださいました。

主はこの「死の国」の理解を証明されました。貧しい乞食のラザロのたとえを思い出してください。 ラザロは死んで「死者の国」(ギリシャ語原文ではハデスという言葉が使われている)に連れて行かれ、アブラハムの懐で慰められる。 ディブスも死んで「死者の地」に行くが、炎の中で拷問されて永遠の苦しみを味わう。 ダイブはラザロを見て、アブラハムに救いを求めて叫ぶ。 しかし、アブラハムは「わが子よ、ラザロが悲惨な目に遭っている間、あなたは生前、裕福だったことを思い出しなさい。 今、彼はここで慰めを得たが、あなたは苦悩を得た。 それだけではありません。 あなた方と私たちの間には大きな淵が固定されていて、ここからあなた方に渡ろうと思う人は渡れないし、あなた方の側から私たちに渡ろうと思う人も渡れないのです」

主はまた、地獄の「永遠の罰」を強調されました。 イエスは最後の審判について語り、義人と悪人を分けるとき、悪人に対して「私の目から消えて、悪魔とその天使たちのために用意された永遠の火に入れ」と言われました(マタイ25:31参照)。

このように考えると、アダムとエバの罪は、天国の門を閉じてしまったと考えられます。 聖なる魂は、死者の国、すなわち地獄で贖い主を待っていたのです。 私たちの主は、過去・現在・未来のすべての時代のすべての人々に関わる救済行為である十字架上での死によって、すべての罪のために完全な犠牲を捧げられました。 そして、埋葬されました。 その間、主は死者の中に降りました。肉体から切り離された主の魂は、死者の国で救い主を待っている聖なる魂に加わりました。 聖パウロが「『昇天された』とは、まず地上の下層部に降りられたことを意味するのではないか」と書いているのを思い出してください。 下ってこられた方は、まさに天の上に昇ってこられた方であり、その賜物ですべての人を満たされるためなのです」(エペソ4:9-10)。 死者の中に降臨されたことで、福音の宣教が完了し、長い間、救い主を待ち望んでいた聖なる魂が解放されたのです。 天国の門が開かれ、これらの聖なる魂は歓喜のビジョンを楽しむ永遠の幸福に入ったのである。 注意:イエスは、地獄で永遠の罰を受けることになった魂を解放したのではなく、また、地獄を破壊したのでもありません。 カテキズムは、この出来事の重要性を強調しています。 “これはイエスのメシア的使命の最後の段階であり、時間的には凝縮されているが、真の意味では広大な段階である。つまり、キリストの救済の業を、すべての時代、すべての場所のすべての人に広めることであり、救われたすべての人が救済の共有者となったのである」(#634)。 “

初代教会の聖土曜日の「古代講話」は、この出来事を次のように捉えています。 地球が震えて静止しているのは、神が肉体を持って眠りにつき、世界が始まってからずっと眠っていた者たちをよみがえらせたからである….。 迷える羊のように、私たちの最初の親を探しに行かれたのです。 暗闇と死の影の中で生きる人々を訪れることを強く望み、アダムとエバの捕虜を悲しみから解放するために行かれた、神であると同時にエバの子である方…. 私はあなたの神であり、あなたのためにあなたの子となった者である」…. 眠っている人よ、あなたに目を覚ますように命じる。 私はあなたを地獄の囚人にするために創ったのではない。 死者の中から立ち上がれ、私は死者の命である」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です