偶蹄類

人類にとっての重要性

偶蹄類は古くから人類に経済的に利用されてきました。 東アフリカのオルドヴァイ峡谷では、約200万年前にアンテロープを食用にしていたことが明らかになっています。 旧石器時代(約3万年前)のヨーロッパでは、クロマニョン人がトナカイに大きく依存していました。

動物の家畜化は、人類の歴史の中で大きな進歩でした。 群れをなす動物の家畜化は、おそらく農業以前から徐々に行われていたと思われます。 ヤギやヒツジが家畜化されたのは、紀元前7000年頃に近東で確認されています。 牛や豚が家畜化されたのはそれ以降のことであるが、紀元前3000年以前であることは間違いない。 南米では、現在は輸送用に使われているリャマや、羊毛の原料となるアルパカが、インカやその前身の人々によってグアナコから改良されました。 アラビアで家畜化されたドロメダリー(Camelus dromedarius)は、19世紀にアメリカ南西部、アフリカ南西部、オーストラリア内陸部に導入されました。

肉、乳、皮、羊毛を提供するだけでなく、偶蹄類は様々な形で人間に貢献してきました。 カシミール地方では、シベリアン・アイベックス(Capra ibex)と地元の家畜化されたヤギのアンダーフリース(pashm)が、カシミア・ショールの製造の基礎となっています。

哺乳類の中で、偶蹄類ほど狩猟が盛んなグループはありません。

哺乳類の中で偶蹄類ほど狩猟が盛んなグループはありません。 多くの文化では、狩猟は君主や貴族のためのものでした。 ノルマン征服後の数世紀、イングランドの森林法では、シカやイノシシの虐殺に厳しい罰を与えていました。

現代人が出現するずっと前から、野生の有蹄類は人類の主要な食肉源でした。 先史時代の人間は、環境中の大型哺乳類をどんどん狩っていきましたが、それは確実に彼の生存に役立っていました。 更新世の大型動物(260万年前から1万1700年前までに生息していた動物)の絶滅に人間がどの程度関与していたかは、現在も調査中である。 現在では、更新世後期に偶蹄類を含む大型哺乳類の絶滅の波があったことが知られており、北アメリカでは紀元前9000年頃にこの波が頂点に達した。 アフリカでも多くの動物が絶滅しましたが、長い角を持つバッファローや大型の近縁種であるハーテビーストはごく最近まで生き残っていました。 アフリカでは他の地域よりも多くの大型哺乳類が生き残っているが、その理由は不明である。 過去300年間のヨーロッパ文化と銃器の普及に伴い、大型哺乳類の絶滅の第2の、おそらく最終的な波が起こった。 それは無謀な殺戮であり、最終的には保護への関心を生み出した。 しかし、現在では、急速に拡大する人間の人口が環境に与える前例のない要求により、野生の大型哺乳類はほぼ完全に絶滅すると思われます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です