内部コミュニケーションと外部コミュニケーションの違い

internal vs external communication 組織のメンバーが、お互いにコミュニケーションをとることを内部コミュニケーションといいます。 しかし、組織のメンバーが外部の人とコミュニケーションをとる場合は、外部コミュニケーションといいます。 この2つのタイプのコミュニケーションは、企業内で見られるものです。

マネジメントの過程において、コミュニケーションは非常に重要な役割を果たします。 コミュニケーションとは、2者間で行われる情報の伝達であり、言葉を使うかどうかに関わらず行われます。 この2種類のコミュニケーションは、企業の成功と成長にとって非常に重要です。 内部コミュニケーション対外部コミュニケーション

  1. 比較表
  2. 定義
  3. 主要な違い
  4. 結論

比較表

目的

比較の基準 内部コミュニケーションと外部コミュニケーションth 比較 社内コミュニケーション 社外コミュニケーション
意味 社内コミュニケーションとは、組織のメンバー間で行われるコミュニケーションを意味します。
形式 フォーマルとインフォーマルの両方 ほとんどがフォーマル
様々なビジネスユニットや部門の間で情報を伝達する。
参加者 従業員と経営陣 顧客、株主、投資家、クライアント、一般大衆、サプライヤー、債権者など
参加者 従業員と経営陣 顧客、株主、投資家、クライアント、一般大衆、サプライヤー、債権者など。
頻度 高い 比較的低い
流れ それは組織の中で流れる。 それは広大なビジネス環境の中で流れます。

内部コミュニケーションの定義

情報、メッセージ、事実、意見などの交換が組織のメンバー間で行われる場合、コミュニケーションは内部的であると言われます。 情報、メッセージ、事実、意見などの交換が、組織のメンバーまたは組織の様々なユニットの間で、ビジネス目的で行われる場合、コミュニケーションは内部的なものと言われます。 これは、個人、グループ、部門、ユニットの間で行われます。

  • フォーマルなコミュニケーション。
  • フォーマルなコミュニケーション:あらかじめ定義されたチャンネルを通過するコミュニケーションがフォーマルなコミュニケーションです。

社内コミュニケーションは、事業の目的を確立して広め、達成のための計画を立て、リソースを最適な方法で組織化します。

社内コミュニケーションは、事業の目的を確立して広め、達成のための計画を策定し、リソースを最適な方法で組織化します。

インターナルコミュニケーションは、メモ、回覧板、スタッフニュースレター、ファックス、通知、会議の議事録、ビデオ会議、プレゼンテーション、セミナー、アジェンダ、マニュアルなどをコミュニケーションの手段として使用します。

社外コミュニケーションの定義

社外コミュニケーションとは、企業と外部環境にあるあらゆる人や組織(顧客、サプライヤー、投資家、クライアント、ディーラー、社会、政府機関、一般市民など)との間で行われる情報の共有と理解することができます。

エクスターナル・コミュニケーションは、組織がビジネスの外部のオーディエンスと情報を結びつけたり、広めたりする方法を決定します。

エクスターナル・コミュニケーションは、企業やブランド、そのバリエーションに対するステークホルダーの意見が大きく左右されるため、ステークホルダーの心に大きな影響を与えます。

Key Differences Between Internal and External Communication

内部コミュニケーションと外部コミュニケーションの違いは、次のように明確に描くことができます:

  1. 内部コミュニケーションとは、企業組織内の関係者間で行われるコミュニケーションを指します。
  2. 社内コミュニケーションは、組織と他の個人、グループ、組織との間で行われるコミュニケーションを指します。
  3. 社内コミュニケーションは、フォーマルでもインフォーマルでも構いませんが、社外コミュニケーションは、ほとんどがフォーマルで、高度に文書化されています。
  4. 社内コミュニケーションは、さまざまなビジネスユニットや部門間での情報伝達を目的としています。
  5. 社内コミュニケーションは、さまざまなビジネスユニットや部門の間で情報を伝達することを目的としています。逆に、社外コミュニケーションは、ビジネスの外部の当事者との関係を維持したり、情報を交換したりすることに焦点を当てています。
  6. 内部コミュニケーションの参加者は、従業員と企業の経営陣であり、これに対して外部コミュニケーションの参加者は、顧客、株主、投資家、クライアント、一般市民、サプライヤー、債権者などです。
  7. 内部コミュニケーションも外部コミュニケーションも定期的に行われますが、内部コミュニケーションの頻度は外部コミュニケーションよりも相対的に高くなります。
  8. 内部のコミュニケーションは組織内を流れ、外部のコミュニケーションは広大なビジネス環境を流れます。

結論

結局のところ、内部と外部のコミュニケーションはビジネスが効果的に機能するために不可欠です。 前者は、組織の成功のために個人を指導し、情報を提供し、効率的に働くように動機付けるために使用されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です