写真をバックアップするための入門ガイド

Amazonプライム・フォトとDropboxには、それぞれ長所と短所があります。 Amazonプライムアカウントを持っていれば、プライム・フォトは、Googleフォトと同様に、無料で無制限のストレージを利用でき、画像編集ソフトで写真を編集するための高品質なファイルであるRAW画像の保存も可能なので、素晴らしい選択肢となります。

Dropboxは、多くのフォトグラファーに人気のあるバックアップオプションです。使いやすく、多くのプラットフォームに対応していますが、無料のストレージは2GBのみで、追加ストレージは高価です(1TBで月額9.99ドルまたは年間99ドル)。

たくさんの写真を撮影する本格的なフォトグラファーには、さらなるオプションがあります。 シャッターマンの中には、ACDSee、Mylio、Adobeなどの強力な写真整理ソフトにお金を出して購入し、有料でオンラインのクラウドストレージを利用する人もいます。

外付けハードドライブを追加する

その名の通り、外付けハードドライブは、50ドル(1~2TB)から350ドル(8TB)以上の価格帯で、コンピュータに内蔵されているストレージのようなものですが、外部に接続されていることが特徴です。 多くはUSBで接続しますが、他の方法もあります。 例えば、NAS(Network Attached Storage)ドライブは、家庭やオフィスのネットワークにイーサネット回線で接続します)。 内蔵ドライブと同様に、写真の転送、コピー、同期にはさまざまな方法があります。

良い外付けハードドライブの提案が必要な場合は、New York Timesの製品レビューサイトであるWirecutterが、さまざまなサイズと価格帯のオプションをまとめています。

プリント、スライド、ネガをデジタル化する

イメージの個人的なライブラリは、一般的にデジタル写真だけでは終わりません。

これらを適切にバックアップするには、デジタル化またはスキャンする必要があります。 適切なバックアップを取るためには、デジタル化やスキャンが必要になります。プリントやネガを郵送または送付すると、デジタル版を作成してくれるスキャンサービスがありますが、価格が高いものもあります。 また、スキャン機能付きのオールインワンプリンターや専用のスキャナーがあれば、自分でスキャンすることもできます。 高級なスキャンを求めていないのであれば、Googleのモバイルアプリ「PhotoScan」を利用するといいだろう。携帯電話のカメラをスキャナのように使って写真を取り込むことができるので、たとえ額に入っていたりガラス越しであったりしても大丈夫だ。 スライドやネガの場合は、自分でスキャンするか、サービスを利用する必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です