同僚とデートするための5つのルール

オフィスでの恋愛は、オフィス(またはその他の職場)と同じくらい古くから存在しています。 私たちは職場で同僚と一緒に過ごす時間が長いため、社会生活と仕事が密接に絡み合っています。 それらの関係は、ロマンチックではない場合でも、かなり親密なものになることがあります。 それ自体が問題になることもありますが、そのような友人関係が恋愛に発展した場合は要注意です。

Think Twice Before You Jump Into a Relationship

職場で大切な人と出会うことは、社会生活にとっては素晴らしいことかもしれませんが、キャリアにとっては列車事故のようなものかもしれません。 常識的に考えれば、オフィスでの恋愛は避けるべきでしょう。なぜなら、それは二人の印象を悪くするかもしれないし、うまくいかなかったら気まずい思いをするだけだからです。

真剣に考えるまでは、最初のデートにも出かけないでください。

最初のデートは、真剣に考えてからにしましょう。まず、組織に社員同士の交際を禁じる公式な方針があるかどうかを確認してください。 もしそうであれば、どちらかが別の仕事に就くまで、そのデートは保留にしましょう。

次に、雇用主が正式な方針を持っていない場合でも、オフィスでの恋愛を禁止しているかどうかを考えてみましょう。 過去に、職場の誰かが問題になった状況を思い出してみてください。 職場のメンターがいる場合は、その人にアドバイスを求めてみましょう。

Don’t Break the Law

同僚に恋愛を持ちかけると、セクハラで訴えられる可能性があります。 特に相手が部下の場合は、細心の注意を払ってください。 もし断られても、何の影響もないことをはっきりと伝えましょう。

交際が始まったら、お互いの気持ちを確かめ合いましょう。

交際を始めた後は、お互いの気持ちを確認し、相手が交際を続けることにプレッシャーを感じないようにしましょう。 セクシャルハラスメント訴訟は、関係者全員にとって不愉快なものです。

Discretion Is Key

すべての当事者が前進することに問題がなければ、あなたは思い切って行動することができます。 だからといって、職場で新しい関係を公にするべきではありません。

SNSやテレビのリアリティ番組では、自分の最もプライベートな瞬間を世界に見せることが奨励されていますが、慎重さは失われつつあります。 職場でのロマンスを同僚の前で見せびらかすよりも、プライベートなものにしておく方がずっと賢明です。

関係について嘘をついてはいけませんが、誰もが見られるようにすべてをさらけ出してもいけません。

相手とのルールを決めて、出口プランを用意する

あまりロマンチックではないかもしれませんが、ルールを決めて、うまくいかなかったときの出口プランを用意しましょう。 自分と相手が同じ考えを持っていることを確認してください。

仕事の進め方も決めておきましょう。 例えば、このロマンスは秘密にしておくのか? 一緒に出勤したり、同じ時間に退社したりするのは避けますか?

そして、新しい恋愛を始めた人が考えたくないような、大変な部分がやってきます。 恋愛が始まったばかりの頃は、恋愛が長続きしない可能性など想像もつかないかもしれませんが、万が一そのような不幸な出来事が起こった場合の対処法を考えておきましょう。 あなたやパートナーが仕事を辞めない限り、毎日顔を合わせるのは避けられないかもしれません。

Don’t let your feelings get in the way of your work

あなたとパートナーが部下と上司の関係になった場合、トラブルが起こる可能性があります。 この場合、恋愛は避けた方が無難ですが、そうでない場合は、お互いの気持ちを仕事に影響させないようにしましょう。 このルールを守らないと、どちらかが新しい職場、新しいパートナーを探さなければならなくなるかもしれません。

例えば、組織の中で自分の役割が必要であるにもかかわらず、パートナーの仕事を批評することが難しい場合があります。

例えば、組織の中での自分の役割からして、相手の仕事を批評することは難しいかもしれません。

自分の仕事よりも恋愛を優先することは、雇用主に対して大きな不利益をもたらしますし、不平等な扱いを受けていると感じている同僚を怒らせることにもなりかねません。

また、組織の構造は変わる可能性があり、パートナーが指揮系統の中でつながってしまう可能性があることも覚えておく必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です