回答

あなたの牧師は、使徒パウロの言葉を参考にしたのでしょう。パウロは、「サタン自身が光の天使を装うことがある」(2コリント11:14)と書いています。 言い換えれば、サタンは(いわば)変装して、自分が悪ではなく、実際に善を支持しているように見せかけることがあります。 石をパンに変えてイエスに食べさせようと申し出た悪魔は、善いことをしようとする者、つまり光の天使を装っていたのです(マタイ4:1-11参照)。

しかし、サタンは善や光の天使ではなく、その逆です。 イエス様は、サタンは「初めから人を殺す者で、真理を守らない。 彼は嘘つきであり、嘘の父だからです」(ヨハネ8:44)。 サタンは私たちをだまして、自分のやり方が一番だと思わせようとしますが、決してそうではありません。 マルティン・ルターは、サタンを “暗闇の王子 “と正しく呼んでいます。

確かにサタンは私たちの敵ですが、彼が勝つことはないことを忘れないでください。

確かにサタンは私たちの敵ですが、サタンには勝てないことを忘れないでください!キリストはその十字架と復活によってサタンを打ち負かし、いつの日か「彼らを欺いた悪魔は、硫黄の燃える湖に……永遠に投げ込まれる」(黙示録20:10)のです。 あなたはどちらの側にいるのでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です