子犬の食事(誕生から離乳まで)

生後間もない時期、子犬は母親や兄弟と一緒に生活します。 この時期、子犬は固形物を食べる必要はなく、母犬のミルクで生きていきます。 この時期になると、子犬は五感を発達させ、それによって栄養を求めるようになります。

この時期、母犬は子犬の体を温めたり、子犬をなめたりして世話をします。

この時期、母犬は子犬の体を温めたり、舐めたりして世話をしますが、これは子犬を清潔にするためだけでなく、子犬の基本的な生理機能を確立するためでもあります。

子犬は食べ物と熱を必要とするので、母犬が一時的に子犬から離れると、母犬の毛皮から得られる熱の損失を補うために集団で行動します。

人との接触もこの時期には重要です。子犬は体を触られたり、撫でられたりすることで、人の存在に慣れていきます。

やがて離乳の準備が整い、初めて固形食に移行します。

生後数日間、母犬が出す栄養豊富な初乳には、子犬を病気から守る免疫グロブリンが含まれており、子犬自身の免疫システムが発達するまでの間、母犬からの重要な免疫の伝達がうまくいかないことがあります。 子犬の成長におけるこの期間は、「免疫ギャップ」と呼ばれています。 この時期、子犬は感染症にかかりやすくなります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です