棄却された事件の種類とその封印方法

棄却された事件の種類

棄却された事件の種類

div 棄却された事件

棄却された事件とは、刑事事件において裁判所が被告に有罪を認めず、有罪判決を出さずに訴訟が終了したことを意味します。 被告が有罪にならなかったとしても、被告が逮捕された犯罪に対して事実上無罪であることを証明するものではありません。

Different Types of Dismissed Cases

事件が却下される方法はたくさんあります。

Dismissed with Prejudice

事件が「偏見を持って」却下された場合、事件が解決された後は、同じ請求に対して他の訴訟を起こすことができないことを意味します。 裁判官は、偏見をもって事件を却下することで、その事件が解決済みであり、先に進めないと判断したことになります。 偏見を持って事件が却下された後、被告は判決を不服として高等裁判所に控訴することができますが、新たな請求をするという選択肢はなくなります。

Dismissed without prejudice

ケースが「偏見なく」却下された場合、ケースは終了したものの、適用される時効の範囲内で、同じ請求について他の訴訟を起こすことができることを意味します。

偏見なしで事件が却下される理由の1つは、事件が部分的にしか和解しておらず、原告が完全な和解のために告訴を取り下げることを選択した場合です。

そうでない場合は、原告は被告に対して新たな請求を行うことができます。

また、原告が、被告が裁判をする代わりに支払いをすることに同意した場合も、予断を持たずに却下されることがあります。

Dismissed for Want of Prosecution

ケースが「want of prosecution」で却下されるのは、ケースが非常に長い間、裁判所の訴訟記録で活動しておらず、原告も被告もケースを進めることに積極的でなかったため、ケースがwant of prosecutionで却下されることを意味します。

例えば、ある事件が一定の期間、訴訟事件として扱われず、当事者が裁判や審理に出頭するための積極的な救済を求めなかった場合、裁判所はその事件を却下すべき事件のリストに載せることを決定することができ、その結果、起訴不能による却下となることがあります。

ほとんどの場合、復権を申請する側は、出廷しなかったことが意図的ではなかったか、あるいは欠席を説明する、あるいは許してくれるような事故の結果であったことを証明できなければなりません。

Voluntary Dismissal

ケースが「自発的な」棄却となった場合、それは原告が請求を自発的に終了させたことを意味します。 原告は、被告が判決要旨の申立てを行う前に解任通知を提出するか、または、原告と被告が署名しなければならない解任規定を提出することにより、裁判所の命令なしに訴訟を解任することができます。

Sealing A Dismissed Case

いくつかの州では、却下された事件や、告訴されずに有罪判決に至らなかった逮捕を封印するためには、被告は犯罪の事実上の無罪を証明しなければなりません(犯罪が発生した州の法律によります)。

事実上の無罪を証明するためには、被告人が犯罪を犯したと信じるに足る証拠がなかったことを証明できなければなりません。

逮捕記録や裁判に関する情報を封印することは、その人の将来に大きな利益をもたらします。

雇用主、家主、大学、銀行などでは、犯罪歴の調査を行っています。

学業を終えようとしている人、安定した仕事を見つけようとしている人、望ましい住居を見つけようとしている人にかかわらず、犯罪歴を消す必要がある場合がほとんどです。

解雇された事件を封印することで、一般の人(特に雇用者、家主、入学審査官)がその記録を見ることができないように、情報が見えなくなります。

もしあなたが自分の事件が封印される資格があるかどうかを知りたいのであれば、この無料オンライン資格テストを受けるか、無料評価のために(877)573-7273に電話するのが最も早くて簡単な方法です。

記録消去と記録抹消に関する詳細は、当社の法律記事セクションをご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です