狼瘡を理解する–基礎知識

狼瘡とは

狼瘡は自己免疫疾患で、免疫システムが自分の体の組織を外敵と勘違いして攻撃する病気です。 ループスの人の中には、ほんの少しの不便さしか感じない人もいれば、生涯にわたる重大な障害を負う人もいます。

ループスは、アフリカ系、アジア系、ネイティブアメリカンの人々が白人の2〜3倍の頻度で罹患していると言われています。 また、10人中9人が女性です。

ループスには2つの種類があります:

  • 円板状エリテマトーデス(DLE)
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)

円板状エリテマトーデスは主に日光にさらされる皮膚に発症し、重要な内臓には影響しません。

SLEはより深刻です。皮膚やその他の重要な器官に影響を及ぼし、鼻梁や頬に隆起した鱗屑状の蝶形の発疹ができ、治療しなければ傷跡が残ることもあります。 SLEは体の他の場所の皮膚にも影響を与えることがあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です