神の姿に似せて作られた」とはどういうことか

それは素晴らしい質問ですが、ここでの限られたスペースでは完全にカバーすることはできません。

代わりに、そのようなことをした人を紹介しましょう。牧師のJohn Piper氏です。 彼の記事「神のイメージ」を読んでみてください。

その間に、私たちは簡潔な概要を提供することができてうれしいです。

イマーゴ・デイとは何か

私たちは、神のイメージは人間が持っているものというよりも、人間が存在するものだと信じています。 人間は、創造主のグラフィック イメージ、つまり、神がどのような方で、実際にどのような方なのかを正式に、目に見える形で、理解できるように表現するために創造されました。 Piperは次のように書いています。

imago Deiは人間が持っている性質ではなく、人間が生きている状態であり、創造主によって確立され維持されている対立の状態です。

罪は神のイメージを取り除いたのか

いいえ。人間が罪に陥ったことで、神のイメージが破壊されたり取り除かれたりしたのではありません。

新約聖書では、クリスチャンだけでなく、すべての人が「神に似せて造られている」(ヤコブ 3:9, ESV)と指摘することで、神のイメージが失われていないことを確認しています。 神学者のウェイン・グルーデムが説明するように、

人間が罪を犯したので、確かに以前のように完全に神に似ているわけではありません。 彼の道徳的な純粋さは失われており、彼の罪深い性格は確かに神の神聖さを反映していません。 人間の知性は偽りや誤解によって汚され、言葉は常に神を賛美するものではなくなり、人間関係は愛ではなく利己主義に支配されることが多いなどです。

神のイメージは人間を人間たらしめているものであり、人間が人間でなくなることなしにイメージを失うことはありえません。 さらに、人間が神のイメージを持ち続けているからこそ、たとえそれが壊れたり歪んだりしていても、人間は救済可能であり、救済する価値があるのです。

神のイメージを持つことの現実的な側面

キリストを信じる者として、私たちは「創造主の姿に似せて知識を新たにしている、新しい自分」(コロサイ3:10、ESV)を持っています。

私たちが神に似せて造られたことを知ることは、創造主への理解と神との関係に影響を与えるだけではありません。

一人ひとりの人間は、神のイメージが罪や病気、弱さ、年齢、その他の障害によってどれほど損なわれていても、神のイメージの中にいるというステータスを持っており、それゆえ神のイメージの担い手にふさわしい尊厳と敬意をもって扱われなければなりません。 このことは、他者に対する私たちの行動に大きな影響を与えます。 つまり、どのような人種であっても、同等の尊厳と権利を持つべきだということです。 つまり、あらゆる人種の人々が平等な尊厳と権利を持つべきであり、高齢者や…まだ生まれていない子供たちが、人間として完全に保護され、尊重されるべきだということです。

話したいことはありませんか

私たちはこれが深いテーマであることを理解しています。 疑問点があれば、お電話での無料相談をご利用ください。

Resources
もしタイトルがFocus on the Familyで入手できない場合は、他の小売店を利用することをお勧めします。

The Truth Project

Reasons for Faith

What Every Christian Ought to Know Day by Day:

単なるキリスト教

基本的なキリスト教

What the Bible Teaches:

The Faith:

Articles
Tim Keller on the Image of God

The Image of God

Imago Dei

In the Image of God:

紹介記事
クリスチャン・リサーチ・インスティテュート

インサイト・フォー・リビング

リー・ストロボ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です