肌についた染毛剤を落とす6つの方法

染毛剤を塗った髪の生え際や顔には、染毛剤がしみてしまうことがあります。 顔の皮膚は体の他の部分の皮膚よりも敏感であるため、この部分には刺激の強い洗顔料や研磨剤は避けた方がよいでしょう。

石鹸と水

肌に染毛剤が付着していることに気づいたら、まず石鹸とぬるま湯を使って染毛剤を落とすことです。

染料が乾く前に、あるいは染料を塗った直後に拭き取るようにすれば、十分に除去できるかもしれません。 そうでない場合や、すでに肌を汚してしまっている場合は、以下の追加方法を試してみる必要があります。

オリーブオイル

オリーブオイルは天然の洗浄剤で、肌の汚れを落とすのに役立つかもしれません。 敏感肌の方には特にお勧めかもしれませんが、どなたでもお試しいただけます。

使用方法は、コットンに少量のオリーブオイルを含ませるか、指を使って、肌の汚れた部分に優しく擦り込みます。

つけたまま寝る場合は、シミにならないように絆創膏やビニールなどで覆うとよいでしょう。

取り除くには、ぬるま湯で洗い流してください。

たわし

たわしは肌に負担をかけたり、乾燥させたりするので、敏感肌や乾燥肌の人にはあまりお勧めできません。

色素除去剤として使用する場合は、コットンや綿棒に少量の消毒用アルコールを含ませます。 それを肌の汚れた部分にやさしくなぞります。

歯磨き粉

歯磨き粉は歯の汚れを落とすのに役立ちますが、肌の染毛剤の汚れを落とすのにも役立つかもしれません。

ジェル状でない歯磨き粉を使い、少量を綿棒や指につけます。 肌の染料の上を優しくマッサージするように塗ります。 5~10分後、ぬるま湯に浸した洗面器で取り除きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です