赤ちゃんが黄色いものを吐くのはなぜですか?

私たちはママたちに支えられています。

赤ちゃんの吐き戻しが通常の白い色から気になる黄色に変わると、途端に心配になりますよね。 親として、私たちは赤ちゃんの変化に注意を払います。

これは、病気の兆候を見守るのに役立ち、小さなお子さんが大丈夫かどうかを確認するのにも役立ちます。

赤ちゃんの吐き戻しが黄色い場合は、粘液、胆汁、または単純な初乳の吐き戻しである可能性があります。

赤ちゃんが黄色い吐き戻しをしていることに気づいたら、気になる他の症状がないか確認したり、小児科医に相談したりすることをお勧めします。

吐き戻しと嘔吐の違いとは

吐き戻しは乳幼児にはよくあることで、通常は心配する必要はありません。 合併症を起こすのは、乳児の1%以下です。 嘔吐の方が問題ですので、その違いを知っておくことが大切です。

嘔吐は投射性

赤ちゃんが前のめりになっていることに気づいたら、それは確実なサインです。 嘔吐は、通常の吐き戻しよりも少し力強くなる傾向があります。

吐き戻しは、少しゆっくりとしたスピードで出てくる傾向があり、ゲップを伴います。 嘔吐のように胃が収縮することはありません。

吐く量が少ない

お子さんが吐くときは、吐いたときよりもたくさんの量が出ます。

吐いたものは、よだれと間違えるほど少ないこともあります。

吐き戻しは、よだれと間違えられるほど少量の場合もありますが、嘔吐の場合はほとんどありません。

赤ちゃんは吐くことで病気になる可能性が高い

赤ちゃんが嘔吐している場合、病気である可能性が高いです。

もし、赤ちゃんが他の病気の兆候を示しているなら、それは嘔吐の可能性が高いです。 体温を測りましょう。

騒がしいなどの不機嫌さは、赤ちゃんが病気であることを示す一般的な兆候です。 病気かどうかわからない場合は、かかりつけの小児科医に相談しましょう。

赤ちゃんが黄色い粘液を吐く

赤ちゃんが病気の場合、黄色い粘液を吐くことがあります。

赤ちゃんが横になると、粘液がのどを通って胃に流れ込みます。

もし、黄色い粘液を吐いた場合、ほんの少しだけ黄色いものを吐くことが予想されます。

もし、吐いた黄色いものが粘液と同じような質感であったり、かなりの量の黄色い粘液を吐いていることに気づいた場合は、小児科医に連絡してください。 これは、副鼻腔炎などの感染症の兆候である可能性があります。

吐いた初乳が黄色いかもしれない

母乳

母乳が出る前に、赤ちゃんに初乳を与えます。

ほとんどのお母さんは、初乳が白または黄色であることに気づきます。 透明な場合もあります。 初乳が黄色であれば、赤ちゃんが黄色の初乳を吐くのも納得です。

げっぷをしないと黄色い初乳を吐く

げっぷをせず、まだウンチをしていない子どもは、飲んだミルクが胃の中に溜まってしまいます。 そうすると、ミルクが発酵してしまいます。 その結果、赤ちゃんは腐ったミルクの香りがする黄色いミルクを吐き出します。

赤ちゃんがげっぷをしていないと、さらに状況が悪化してしまいます。

赤ちゃんがゲップをする前に、今までよりもしっかりと背中を叩く必要があるかもしれませんが、それで構いません。 背中をしっかりと叩くことで、ゲップが出やすくなります。

真っ黄色の吐き戻しは胆汁です

お子さんの胃の中には、私たちと同じように胆汁があります。 真っ黄色の嘔吐物を吐いていたり、吐いたものが真っ黄色だったりする場合は、何か深刻なものの兆候かもしれません。

真っ黄色ということは、小児科医に電話して相談したほうがいいでしょう。 鮮やかな黄色の胆汁を吐くということは、胃の中に何もないことを示しています。

これは、ウイルスのような完全に正常なものが原因である可能性があります。

これはウイルスのような正常なものの可能性もありますが、腸閉塞や重篤な病気の可能性もあります。

これはウイルスのような正常なものかもしれませんが、腸閉塞や重篤な病気の可能性もあります。

それまでの間、お子さんが吐き続けている場合は、脱水症状の兆候に注意してください。

  • 1日の濡れたオムツの数が6枚以下
  • 涙が出ないで泣いている
  • 目がしょぼしょぼしている
  • 口が乾いている
  • 唇が割れている

これらの兆候に気づいたら、赤ちゃんを近くの救急病院に連れて行きましょう。 水分補給のために点滴をすることができます。

酸逆流

腸閉塞のように真っ黄色の胆汁を吐かせる深刻な疾患がある一方で、酸逆流のようにそれほど深刻ではない疾患もあります。

酸の逆流は、1歳未満の子供によく見られます。この状態では、赤ちゃんは胃の底にある酸や胆汁を含む、胃の内容物の大部分を飲み込んでしまいます。

もしあなたのお子さんが逆流性食道炎で黄色い胆汁を吐いていたとしても、それは正常な状態である可能性が高いです。 念のため、かかりつけの小児科医に電話で確認してみてください。

心配なときはいつでも医者に電話する

医者に電話するタイミングを知ることは重要です。

まだ診断されていない他の疾患の症状に気づいたら、医師に電話して診断を受けることも大切です。 また、小児科医は、小さなお子さんがより快適に過ごせるように、有益なアドバイスをしてくれます。

おわりに

ときには、黄色いつばはまったく正常なこともあります。

赤ちゃんが母乳を飲んでいたり、げっぷをしていなかったり、初乳を飲んでいたりする場合は、心配する必要はないでしょう。

もし赤ちゃんが嘔吐している場合は、問題があるかもしれません。

もしお子さんが嘔吐していたら、それは問題です。

もし赤ちゃんが嘔吐していたら、問題があるかもしれません。

Amber Dixon

私の名前はAmber Dixonです。 私は3人の素晴らしい子供たちの母親であり、最近では美しい孫を授かりました。 子育てについては、母親としての自分の経験だけでなく、さまざまなところから学んできました。 保育園でフルタイムで働いていたときは、子どもの発達や子どもの指導などについて学びました。 また、ソーシャルワークの学位を取得したことで、子どもや子どもの成長を含む人間の成長について学びました。 私の教育と経験は、あらゆる段階や年齢の子どもたちについて多くのことを教えてくれました。そして、あなたが最高の親になるための道のりをお手伝いできればと思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です