遠近法 (図解)

この紀元前1世紀のP.Fannius Synistorの別荘からのフレスコ画の背景の建物は、消失点の原始的な使用を示しています。

奥行きの錯覚を作り出す初歩的な試みは古代から行われており、中世には芸術家が等角投影を実現していました。 初期のルネッサンス期の作品には、統一された消失点がないにもかかわらず、暗黙のうちに収束する遠近法の線が描かれています。 遠近法を最初に習得したのは、ルネサンス期のイタリア人建築家フィリッポ・ブルネレスキである。ブルネレスキは15世紀初頭に、消失点にこだわる遠近法を開発した。 彼の発見は、その後のルネサンス美術に直ちに影響を与え、レオン・バティスタ・アルベルティやピエロ・デラ・フランチェスカらの手稿で同時期に探求された。

Early historyEdit

宋代の水彩画に描かれた工場の斜視図。 12世紀

ロレンツェッティの《受胎告知》(1344年)の床タイルは、現代の遠近法を強く意識したものです。

初期の美術絵画やデッサンでは、多くの対象物や人物の大きさは、鑑賞者からの距離ではなく、精神的またはテーマ的な重要性に応じて階層的に決められているのが一般的で、伏せ字も使われていませんでした。 これは、古代エジプト美術でよく見られる「垂直方向の遠近法」と呼ばれるもので、大きな人物の下に「近い」人物群が描かれています。また、距離を関連付けるために単純な重なりも使われていました。

遠近法を体系的に発展させようとする試みは、紀元前5世紀頃、古代ギリシャの芸術において、演劇的な風景と結びついたイリュージョニズムへの関心の一環として始まったと考えられています。 アリストテレスの『詩学』には、「スケノグラフィア」と呼ばれる、舞台上に平らな板を置いて奥行きを感じさせる手法が登場する。 哲学者のアナクサゴラスやデモクリトスは、スケノグラフィアで使用するための幾何学的な遠近法の理論を研究していた。 アルキビアデスの家には、スケノグラフィアを使った絵画が飾られており、スケノグラフィアは舞台だけのものではありませんでした。 ユークリッドは『光学』(紀元前300年頃)の中で、物体の大きさの認識は目からの距離と単純な比例関係にないことを正しく主張している。

中国の芸術家は、1~2世紀から18世紀まで、斜投影法を使っていました。

中国では、1~2世紀から18世紀まで斜投影法が用いられていたが、その経緯は定かではなく、Dubery and Willats (1983)は、古代ローマから伝わった技術をインドから受け継いだとしているが、古代中国の固有の発明とする説もある。

中世のさまざまな絵画やデッサンには、アマチュアが対象物を投影する試みが見られ、平行線をアイソメトリック投影でうまく表現したり、消失点のない非平行線で表現したりしています。

古代後期になると、特に人気のない芸術家たちは、遠くにあるものを近くにあるものよりも小さく見せることで、リアルさを増すことができることをよく知っていましたが、実際に作品に使われたかどうかはさまざまな要因によります。 ポンペイ遺跡で発見された絵画の中には、当時としては驚くべき写実性と遠近感を持つものがあります。 古代には総合的な遠近法が発達していたと言われていますが、多くの研究者はそれを認めていません。 そのようなシステムが使われたであろう多くの作品は、ほとんど残っていない。 フィロストラトスの一節によると、古典派の芸術家や理論家は、古典的な半円形の劇場を舞台から見るように、鑑賞者から等距離にある「円」を基準に考えていたようです。 紀元後400年頃のヴァチカン・ヴァージルの部屋の屋根の梁は、多かれ少なかれ共通の消失点に収束するように描かれていますが、これは他の構図と体系的に関連していません。 古代末期になると、遠近法の使用は減少していきます。

ヨーロッパの中世の芸術家たちは、イスラム世界や中国の芸術家たちと同様に、距離に応じて要素の相対的な大きさを変えるという一般的な原則を認識していましたが、古典的な芸術以上に、他の理由からそれを無効にする準備ができていました。 建物は、特定の規則に従って斜めに表示されることがよくありました。 距離感を表現する試みは、この時代に着実に増えていきましたが、体系的な理論の根拠はありませんでした。 また、ビザンチン美術では、これらの原理を意識しながらも、主要な人物の設定に逆遠近法を用いています。 アンブロジオ・ロレンツェッティは、『神殿での奉献』(1342年)の中で、収束線を持つ床を描いているが、他の部分には遠近法の要素がない。

RenaissanceEdit

Masolino da PanicaleのSt. Peter Healing a Cripple and the Raising of Tabitha (c. 1423), 一貫した消失点を使用した現存する最古の作品 (detail)

フィリッポ・ブルネレスキは1415年から1420年にかけて一連の実験を行い、様々なフィレンツェの建築物を正しい遠近法で描いた。 ヴァザーリやマネッティによると、1420年頃、ブルネレスキは自分が描いた絵の裏にある穴から人々を覗かせて発見を実証した。 その穴から、フィレンツェの洗礼堂のような建物が見える。 ブルネレスキが鏡を目の前に持ち上げると、それまで見ていた建物の絵が映り、消失点が参加者の視点から見て中央に位置するようになった。 ブルネレスキは1425年頃、この新しい遠近法のシステムを自分の絵に適用した。

メロッツォ・ダ・フォルリのフレスコ画における上方への短縮法の使用

ブルネレスキの実演から間もなく、フィレンツェやイタリアのほとんどの芸術家が、上方への短縮法を採用した。

ブルネレスキのデモンストレーションの後、フィレンツェやイタリアのほとんどすべての芸術家が、ドナテッロ、マサッチョ、ロレンツォ・ギベルティ、マソリーノ・ダ・パニカーレ、パオロ・ウッチェロ、フィリッポ・リッピなどをはじめとする絵画や彫刻に幾何学的な遠近法を用いた。 遠近法は、奥行きを表現するだけでなく、構図を作るための新しい方法でもありました。 遠近法は、奥行きを表現するだけでなく、構図を作るための新しい手法でもあります。 初期の例としては、マソリーノの「障碍者を癒す聖ペテロ」と「タビタの蘇生」(1423年頃)、ドナテッロの「ヘロデの饗宴」(1427年頃)、ギベルティの「ヤコブとエサウ」などがあり、フィレンツェ洗礼堂の東扉に描かれている。 マサッチョ(1428年没)は、《聖三位一体》(1427年頃)で消失点を鑑賞者の目の高さに置き、《貢ぎ物のお金》ではイエスの顔の後ろに置くことで、幻想的な効果を得ている。

フィレンツェで正確な遠近法の絵画がすぐに普及したことからわかるように、ブルネレスキは(友人の数学者トスカネッリの助けを借りて)遠近法の背後にある数学を理解していたと思われるが、公表はしなかった。 その数十年後、彼の友人であるレオン・バティスタ・アルベルティが『De pictura』(1435年頃)を著した。 アルベルティは、数学を実際に目で見てわかるように円錐形の投影で示すことはしませんでした。 アルベルティは、数学を実際に目に見える円錐形の投影ではなく、平面的な投影、つまり、鑑賞者の目から風景に向かって進む光線が、画面(絵画)にどのように当たるかを考えて理論を構築しました。 そして、2つの相似形の三角形を使って、遠くにある物体の見かけの高さを計算することができたのです。 相似三角形の数学は比較的簡単で、ユークリッドが昔に定式化したものである。 アルベルティは、パドヴァの学校で光学の訓練を受け、アルハゼンの『光学書』を研究していたビアジオ・ペラカーニ・ダ・パルマの影響を受けた。

遠近法は、しばらくの間、フィレンツェの独壇場でした。

遠近法は、しばらくの間、フィレンツェのものでした。ヤン・ファン・エイクなどは、アルノルフィーニの肖像画(1434年)のように、絵画の収束線に一貫した消失点を用いることができませんでした。 その後、芸術アカデミーの動きもあって、イタリアの技法はヨーロッパ、そして世界の芸術家たちの訓練の一部となっていきました。

ピエトロ・ペルジーノの『鍵の受け渡し』(1482年)における遠近法の使用。

ピエロ・デラ・フランチェスカは、1470年代の『De Prospectiva pingendi』で『De pictura』を詳しく説明し、ユークリッドへの言及を多く行っています。 アルベルティは、地上面上の図形に限定して、遠近法の全体的な基礎を与えていた。 デラ・フランチェスカはそれに肉薄し、画面上のあらゆる領域にある立体を明確に取り上げています。 デラ・フランチェスカはまた、数学的概念を説明するために、現在では一般的になっている図解を始め、アルベルティの論文よりも理解しやすくした。 デラ・フランチェスカはまた、遠近法で見えるプラトニック・ソリッドを正確に描いた最初の人物でもある。 ルカ・パチョーリが1509年に発表した『ディヴィーナ・プロポーション』は、レオナルド・ダ・ヴィンチが挿絵を描いており、デラ・フランチェスカの論文の多くを含む、絵画における遠近法の使用方法をまとめている。

二点透視図法は、ピエロやパチョリの著作を読んで遠近法を学んだアルブレヒト・デューラーが、1525年に『Unterweisung der messung』で示しています。

遠近法は、17世紀の建築家、幾何学者、光学者であるジラール・ドゥサルグが遠近法、光学、射影幾何学について研究し、彼の名を冠した定理を発表したことでも知られています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です