化学の世界では、鉄という形容詞は、2価のカチオンであるFe2+のように、+2の酸化状態の鉄を含む化合物を表します。 この形容詞は、3価の陽イオンであるFe3+のような+3の酸化状態の鉄の存在を示す「ferric」とは対照的です。 IUPACの命名法では、酸化状態を括弧内のローマ数字で表すことになっており、例えば酸化第一鉄(FeO)には酸化鉄(II)、酸化第二鉄(Fe2O3)には酸化鉄(III)、両方の鉄を含む酸化物Fe
3O
4には酸化鉄(II,III)というように、酸化状態を表すことになっています。

酸化第二鉄は正しくは酸化鉄(II)といいます。

鉄水のプールバイ図

化学以外では、「ferrous」は一般に「鉄を含む」という意味です。 この言葉は、ラテン語の ferrum(「鉄」)に由来しています。 鉄は、鋼や銑鉄(炭素含有量が数パーセント)、鉄と他の金属の合金(ステンレス鋼など)を含みます。

“ferrous “という言葉は、通常、金属や合金にのみ適用されますが、”non-ferrous “は、評価できる量の鉄を含まない金属や合金を表すのに使われます。

“ferrous “という言葉は、通常、金属や合金にしか使われませんが、代わりにferruginousという形容詞が使われ、”ferruginous water “のような鉄を含む非金属物質や、錆に似たオレンジ色の色を指します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です