黒板の味付け。 The Complete Guide

Why Seasoning a Chalkboard?

黒板を使用する前には、シーズニング(下地処理)が必要です。 下地処理をしていないと、黒板につけた跡が「ゴースト」となって残ってしまいます。

黒板塗料を使う場合も、カレンダーやAフレーム、クラシック黒板など市販の黒板を使う場合も、ゴーストを防ぐために黒板の下地処理が必要です。 黒板の木目とは、普段目にすることのない、塗装された黒板にもスレート黒板にも存在する細かい線やくぼみ、溝のことです。 これらの小さなくぼみは、チョークの粉をボードの表面下に保持します。

黒板のシーズニングは、簡単にできるのが魅力です。

良いことに、黒板のシーズニングは短時間で簡単にできます。

数ステップで黒板を使いこなし、あらゆるアートに命を吹き込むことができるでしょう!

ビデオチュートリアルはこちら

黒板のシーズニングを始める準備はできましたか?

  1. ペイントされた黒板にシーズニングする場合、ペイントが適切に乾燥・硬化していることを確認してください。
  1. 白いチョークの長い方の面を使って、黒板の表面を上下に動かすようにしっかりとこすります。
  1. 手順2を繰り返し、今度は横方向に動かします。
  1. 乾いた柔らかい布や黒板消しで、余分なホコリを拭き取ります。 黒板の表面が曇って見えることがありますが、これは正常な状態です。 学校で習った黒板の濃いグレーを覚えていますか?
  1. さっそく黒板を使ってみましょう!

トラブルシューティング

シーズニングの際に失敗してしまっても大丈夫!黒板の表面を拭くときは、糸くずの出ない布に黒板の表面を湿らせてください。

調味料を塗るときに失敗しても大丈夫!アルコールを含ませたリントフリーの布で、調味料の層を拭き取ってください。 黒板を塗装している場合は、必ず少量の面積で消毒用アルコールを試してください)。

まだゴーストが発生する場合は、以下のヒントを参考にしてください。

  • 黒板塗料を使用している場合は、シーズニングの前に黒板がきちんと硬化していることを確認してください。 ほとんどの塗料は、使用前に最低でも24時間以上の硬化が必要です。 また、下地処理、湿度、温度などの条件が硬化時間に影響することを覚えておいてください。
  • 黒板の激しい洗浄は避けてください。 黒板に味付けをした後は、乾いた布か少し湿らせた布で余分な埃を拭き取る程度にしてください。
  • 残念ながら、黒板のシーズニングにダストレスチョークやパステルは使用できません。
  • カラーチョークを使って、黒板を味付けすることができます。 しかし、チョークの色によって、シーズニング層の色が変わることを覚えておいてください。
  • ペイントした黒板をシーズニングしたのに、チョークで傷がついてしまう場合は、黒板塗料が十分に硬化していない可能性があります。 また、より柔らかいチョークを使ってみるのも良いでしょう。
  • 購入した黒板の中には、柔らかさやワックスのような感触を持つものがあります。 そのような場合は、事前に中性洗剤と酢を数滴垂らした湿った布で掃除してから、シーズニングを行ってください。 それでもまだワックスのような感触がある場合は、製造された黒板用洗剤で洗浄した後、再度シーズニングを行ってください

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です