10 Best Beaches in Peru

ペルーという国は、古代文化や古くからの都市、豊かな歴史で有名かもしれませんが、この魅力的な国には見た目以上のものがあります。

人けのない白砂のビーチを散歩したり、一年中24度の海で泳いだり、世界でも有数のサーフィン大会を楽しんだりすることができます。

10. ミラフローレス

dreamstime/© P. Hidalgo

都会的なビーチであるミラフローレスは、ペルーのベストビーチを想像するときに思い描くトロピカルパラダイスではないかもしれませんが、時間を費やす価値がないというわけではありません。

首都の都市部に位置するミラフローレスのシティ・ビーチは、都心へのアクセスが容易でありながら、リラックスできる十分な広さと新鮮な空気を備えています。

ビーチには高層マンションが建ち並び、青々とした芝生に覆われた険しい崖の端に位置し、「コスタ・ベルデ」に沿って海の素晴らしい景色が広がっています。 ここは、素晴らしい波に魅せられたサーファーや、砂の上を夢のように飛ぶパラグライダーに人気のスポットです。 ビーチサイドのボードウォークを散策して、地元のレストランでランチを楽しんでみてはいかがでしょう。

9. ロス・オルガノス

flickr/neil

静かで人里離れたロス・オルガノスは、人気の高いマンコラ地区のすぐ近くにある静かな海辺の町です。

地元の漁師が毎日獲物を運んでくるのを見たり、波止場で餌を探しているウミガメに気を配ったり。

ロス・オルガノスでの一番の楽しみは、素晴らしい海洋生物を体験することです。ホエールウォッチングツアーに参加すれば、この海岸沿いの海を訪れる素晴らしいクジラを見ることができます。 運がよければ、自然の中で雄大な姿を見ることができるかもしれません。 Cabo Blanco

flickr/alobos

この小さな漁村と素晴らしいビーチは有名で、アーネスト・ヘミングウェイが彼の代表的な小説「老人と海」の創作にインスピレーションを得た場所でもあります。

現在では、巨大な魚を探すことは、大きな波を探すことに取って代わられ、サーファーたちはその素晴らしいサーフィンの機会を求めてこの地を訪れます。

有名な大きな「ペルーパイプ」は、ビーチにやってくる多くのサーファーにとっての挑戦であり、見ごたえのあるものです。

7.フアンチャコ

dreamstime/© Diego Grandi

このゆったりとしたビーチは、熱心なサーファーにお勧めの場所です。 フアンチャコは、きれいなビーチを持つ質素な漁師町から、旅の地図に載っているようなスポットへと成長し、それ自体が目的地となりつつあります。

このビーチは、多くのウォータースポーツが楽しめることで知られていますが、地元の漁師が行っている変わった釣りのスタイルでも知られています。

現在では、葦の馬よりもサーフボードの方が一般的な光景となっていますが、今でも伝統的な波乗りを見ることができます。

6. Lobitos

アマチュアからプロまで、すべてのサーファーは、この絵に描いたようなペルーのビーチにぜひ足を運ぶべきです。 ペルーで一番のサーフスポットと言われているこのビーチの波は、いくつかの海流が合流していることもあり、とても素晴らしいものです。

かつてイギリスの石油会社が支配していたこの町には、石油産業の遺物が今でも散在しています。沖合にはリグが残され、ビーチの近くには古い建物が放置されています。

海を見下ろす海岸には、大きくて古いイギリスの建物が建っており、今では地元の人が住んでいたり、放置されたままになっていたりします。 Las Pocitas

dreamstime/© K. Ragozina

マンコラビーチの南側、道路沿いに10分ほど行くと、ペルーで最も魅力的なビーチのひとつである、あまり知られていない、かわいらしい小さなラスポシタスがあります。

ヤシの木と美しい自然の植物に囲まれたこのビーチは、静かで穏やかな雰囲気に包まれており、波打ち際で戯れる午後のひとときにぴったりです。

4. プラヤ・ロハ

5.

4. プラヤ・ロハ

dreamstime/© Javarman

プラヤ・ロハ(レッド・ビーチ)は、その独特の砂の色からその名が付けられました。 この珍しい深紅の砂は、この地域の火山活動によるもので、周囲の環境を信じられないほど肥沃にしています。

プラヤ・ロハは、パラカス国立保護区の素晴らしい自然に囲まれた場所にあります。

太陽が地平線の下に沈み始めると、ビーチはさらにまばゆいばかりの美しさになり、砂を照らし出し、トロピカルな環境を際立たせます。

3. Playa de la Mina

同じくパラカスにあるLa Minaは、海岸沿いのまばゆい景色と、泳ぐのに最適なターコイズグリーンに輝く海が特徴です。 このビーチのパウダー状の砂は、のんびりとペルーの太陽を浴びたいビーチバムにとって理想的です。

真夏は観光客で賑わいますが、
このビーチを独り占めできる可能性もあるのです。

キャンプをすれば、日帰りの観光客が帰った後のラ・ミナで過ごすことができます。

キャンプをすれば、日帰り客が帰った後のLa Minaで過ごすことができます。澄んだ夜空は、星空観察のお祭り騒ぎになり、運が良ければ、太陽が昇り始める頃に、地元の漁師が一日を始めるのを見たり、ペリカンやアシカが砂浜で日光浴をしているのを見ることができます。 プンタサル

dreamstime/© Piccaya

北部の海岸沿いに位置するプンタサルは、国中で最も美しいビーチの一つと言われる一級品のビーチです。 このビーチは、都会に住む人々に人気があり、黄金色の砂の上でのんびりと過ごすために、電車で1時間もかけて街を出ていきます。

赤道付近に位置しているため、海流の影響で海水の温度は年間を通して24℃と非常に高くなっています。

赤道近くに位置しているため、ここを流れる海流によって海水の温度は年間を通して24℃にまで上昇します!この温度と、穏やかな海ときれいな砂によって、プンタ・サルはペルーでの休暇中に必ず訪れるべきビーチとなっています。

1. マンコラ

dreamstime/© Hidalgo

365日太陽の光が降り注ぐ風変わりな海辺の村、マンコラはサーファーに人気のスポットであり、その冷静な雰囲気で旅行者を魅了しています。 埃っぽい通りには地元経営の小さなレストランが点在し、国際的な料理を低価格で提供している。

マンコラには、まるでお風呂に入っているかのような温かさのある神々しい砂浜が広がっています。

マンコラのビーチは、純粋なパウダー状の砂と良い雰囲気で、ほぼ一年中太陽が降り注ぎ、雲ひとつない青空が広がる、ペルーで最も人気のあるビーチリゾートのひとつです。

また、ここではサーフィンが非常に上手で、多くのサーファーがここを訪れます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です