A Physical Therapist Exploses How To Massage Your Own Feet

もしあなたが私と同じように、足にはいつも特別な愛情が必要なのに、夫が揉んでくれないというのであれば(そうですよね)、ちょっとした工夫をしてみてはいかがでしょうか。 ランナーの足は忙しいので、マッサージでケアすることは、怪我の予防にもなりますし、理学療法やスポーツマッサージの予約の合間にセルフケアをするにも最適です。

InStep Physical Therapy & Running CenterのSamantha Gries PT, DPT, ATC, CMTPTが、私たちの質問に答えてくれました。

自宅で足をマッサージするには、テニスボールがあれば十分ですか? テニスボールは、家の中で簡単に手に入るし、値段も安いので、自分の足をマッサージするには良いきっかけになります。 テニスボールを使って足をマッサージするときは、力の入れ具合を変えることで、より強いマッサージにすることができます。 例えば、座った状態で足の裏と床の間にテニスボールを転がすと、立った状態よりも力が弱くなります。 テニスボールを使うときは、かかとからつま先に向かって転がします。

圧力を局所的に分散させるために、追加の道具が有効な場合があります。 例えば、ラクロスボールは、テニスボールよりも局所的に圧力をかけることができます。 また、フットラブスは、セルフフットマッサージを補助するための一般的なツールです。 また、ふくらはぎなどの大きな筋肉には、フォームローラーやスティックを使うとよいでしょう。

もしランナーがマッサージの合間に自分で足を揉みたいと思ったら、どんなところを重点的にマッサージすればいいのでしょうか?

Dr. Gries: セルフマッサージでは、足の裏のかかとからつま先までを重点的にマッサージします。足の裏には、痛みの原因となる足底筋膜を含む軟部組織の大部分が存在するからです。

足に付着して制御する筋肉の多くは下腿部にあるので、足について考えるときにはこれらの筋肉に対処することが重要です。

下腿の筋肉をマッサージしたり、下腿の筋肉全体にフォームローラーやスティックを使用したりすることもできます。

足のアーチの恐ろしい痙攣を防ぐためにマッサージを使用する方法はありますか? 足がつるのを防ぐためにマッサージを使用することは、研究によって完全にサポートされているわけではありませんが、人によっては役に立つかもしれません。 しかし、もし足がつってしまった場合は、マッサージやストレッチで痛みを和らげることができます。 足がつる原因には、足の筋肉の使いすぎ、水分補給の状態、電解質バランス、血管の健康状態など、さまざまな要因があります。

週に何回足のマッサージをするべきですか

Dr. Gries: セルフフットマッサージを行う頻度は、人によって大きく異なります。 足の痛みや問題がある場合は、毎日セルフフットマッサージを行うとよいでしょう。特に、朝の起床時(ベッドから出る前も含む)や運動前に行うとよいでしょう。 足の痛みがあってもなくても、足の健康を保つためには、運動後に下腿の筋肉をフォームローリングすることが有効です。

他に知っておくべきこと

Dr. Gries: 自分でマッサージをするときは、水ぶくれやタコなどができていないか注意してください。 水ぶくれやタコができるのは、不適切な履物や靴下、中敷きが原因かもしれません。 また、個々の足や下肢のバイオメカニクスもタコの発生につながります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です