All The Types of Lentils (and What the Hell to Do them)

あなたはレンズ豆のスープを作りたいと思います。 キャビネットを開ける。 5種類のレンズ豆が半分ずつ入った袋を取り出しました。 茶色のレンズ豆を赤のレンズ豆で代用できないか、あるいは数袋の残骸を混ぜて1カップ分の必要量を確保できないかと頭を悩ませます。 まあ、それは場合によるでしょう。

皆さんは、レンズ豆は豆だと思っているかもしれませんが、厳密にはその通りです。 ひよこ豆やピント豆と同じマメ科の植物ですが、私たちの心の中には、さまざまな種類のレンズ豆のための特別な場所があります。 一般的に、レンズ豆は豆よりも早く調理されます。 だからこそ、平日の夕食のヒーローなのです。 また、レンズ豆にはたくさんの種類があるので、いろいろな世界が広がっています。 硬いもの、柔らかいもの、クリーミーなもの、カラフルなもの。

もっと見る
Image may contain: Plant, Food, Produce, Bean, Vegetable, and Lentil
Rice and Brown Lentils, friends forever.

Yossy Arefi

Brown Lentils and Green Lentils

レンズ豆といえば、このようなものが思い浮かぶのではないでしょうか。 茶色と緑色のレンズ豆は、「どこにでもある」レンズ豆です。 食堂や近所のレストランで一般的な「レンズスープ」を注文すると、必ずと言っていいほど、他の種類よりも大きく、レンズのように平らな形をしているのがこのレンズです。 調理時間が短く(20〜30分)、中まで火が通ると裂けてバラバラになり、本来の生息地であるスープやシチューにとろみをつけ、まろやかな土の香りを与えてくれます。 サラダに使うような丸ごとのレンズ豆ではなく、ドロドロとした食感を楽しみたいときに使うとよいでしょう。

This image may contain Food, Dish, Meal, Plant, and Bowl
レンズ豆、ココナッツ、トマトのスープ。 赤レンズ豆入り。

Alex Lau

赤レンズ豆

赤レンズ豆の中には、皆さんもお気づきのように赤いものもあります。 しかし、黄色やオレンジ色のカテゴリーにも入るのです。 いずれにしても、インドのカレー料理であるダールによく使われています。 調理には20分ほどかかりますが、赤レンティルの皮が割れると、すぐに壊れてドロドロになってしまいます。 これは、ダールやソースにとろみをつけたいときに適しており、茶色や緑色のものとほぼ同じです。

Image may contain: Plant, Food, Produce, Lentil, Vegetable, and Bean
フランスの紙吹雪のようなレンズ豆、その名も「コンフェッティレンズ」。

ALex Lau

フレンチ・レンズ豆(別名:Lentilles du Puy)

フレンチ・レンズ豆の魅力は、偉大なボクサーや弁護士、インターネット上の荒らしのように、皮が厚いことです。 グリーン・フレンチ・レンティルやレンティル・デュ・ピュイとも呼ばれる、緑がかった灰色のまだら模様のレンズ豆は、調理しても形が崩れず、プチプチとした食感が楽しめます。 マッシュルームのような食感がないので、スープ以外の用途に適しています。 しかし、よりはっきりとした食感を持つ、よりダシの効いたスープを作りたい場合には最適です)。 フランス産のレンズ豆は、副菜やサラダに最適です。 オイル、ビネガー、カリカリのチーズ、塩・胡椒で和えればOK。 食感を出すために、薄くスライスした生野菜を添えるのもいいでしょう。 ただし、皮が厚い分、調理時間が長くなることを忘れないでください。

Image may contain: Plant, Food, Produce, Vegetable, Bean, and Lentil
Spiced Black Lentils, FTW.

Hirsheimer & Hamilton

Black Beluga Lentils

これは最も風味豊かなレンズ豆です。 黒レンズ豆は他の品種に比べてあまり一般的ではないかもしれませんが、見つけたら買ってみてください。 小粒で球形に近く、茶色のレンズ豆と見間違うほどの濃い茶色をしています。 この品種の特徴は、皮が厚いことです。 フレンチレンチ・レンズとブラウン・レンズのハイブリッドのようなもので、サラダにもスープにも適しています。 そのため、調理時間には注意が必要です。 煮込まずに使いたい場合は、30分近く煮込むと、フランスのレンズ豆のように形と食感が保たれ、40分近く煮込むと、茶色、緑、赤のレンズ豆のようにバラバラになってしまいます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です