Chapter 24 Ruffini corpuscle – a stretch receptor in the connective tissue of the skin and locomotion apparatus

本章では、様々な哺乳類や有袋類の毛の生えた皮膚やつやのない皮膚に存在するRuffini corpuscleや、様々な鳥類の関節包に存在するRuffini corpuscleの光・電子顕微鏡による所見を扱う。 哺乳類と有袋類の 艶のある皮膚(鼻の皮膚、陰茎亀頭、前立腺)では、Ruffini corpuscleは真皮の網状層に位置する。 有毛皮膚では、毛包の間の真皮の網状層と、いわゆるピロ・ルフィニ複合体としてすべての番毛といくつかの獣毛の結合組織カプセルの中にあり、霊長類の洞毛にもある。 関節包では、ラフィーニ細胞は関節包の繊維層や靭帯の中に存在する。 ルフィニ角膜は、ゴルジ腱器官タイプの典型的なストレッチレセプターに分類される。 結合組織の構造的変化(怪我、関節の位置異常、傷跡、変性プロセス、老化)は、新しい環境に自分自身を適応させるという意味で、Ruffini corpusclesにも変化をもたらすと推定することができる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です