Defining Interference and Obstruction

干渉と妨害という言葉は、マネージャー、コーチ、アンパイアの間でよく誤解され、混同されることがあります。

妨害

状況A:

ランナーが一塁にいるとき、バッターは二塁手に向かってゴロを打ちました。 打球は二塁手に届く前に、一塁からの走者に当たった。

裁定。 これは妨害であり、ボールは直ちに「デッド」とされ、ランナーはアウトとされ、打者に一塁が与えられる。

状況B:

走者が二塁にいるとき、打者はショートに向かって柔らかいラインドライブを打つ。 走者は打者がボールに接触したときに三塁に向かってブレークし、打球は走者に接触してキャロムになります。 ショートはボールが地面に触れる前にキャッチし、二塁に投げてランナーを二塁に送った。

裁定 これは干渉である。 ボールがランナーに触れた瞬間、ボールは「デッド」になった。

状況C:

シニア部門の野球の試合中、ランナーが2塁にいるとき、バッターは鋭いゴロを打ち、それが内野手に届く前に審判を直撃した。 これは審判による妨害である。 ボールはデッドとなり、打者走者に一塁を与える。

状況D:

少年野球の試合中、一塁にいる走者が二塁を盗もうとする。 捕手が二塁に投げようとしたとき、ホームプレートの審判と接触し、投げに影響を与えた。

裁定。 これは審判による干渉である。

これは審判による妨害である。投球が走者を退けた場合、アウトは成立する。

妨害

状況A:

外野にクリーンヒットを打った後、打者ランナーは二塁に伸ばそうとします。 走者が二塁に近づいたとき、ショートはボールを持っていないのにタグのふりをした。

裁定。

状況B:

打者が外野にボールを打ち、一塁を回っている間に打者走者が一塁手に接触する。 守備側はボールを二塁に中継し、走者はタグアウトされた。

裁定。 走者は一塁手に妨害され、二塁への進塁を妨げられた。 プレー終了後、審判は「タイム」をコールし、オブストラクションが発生したことを告げ、必要に応じて塁を与えることでオブストラクションを無効にする。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です