Division of Gastroenterology, Hepatology and Nutrition|ミララックスをはじめとする便秘治療の選択肢

機能性便秘は小児期によく見られる問題で、世界中の子どもの3%が罹患していると言われています。

小児慢性便秘の不快感を和らげるために、小児科医はしばしば市販の便秘薬Miralax(ポリエチレングリコール3350)を勧めます。 一般的な副作用として、ゆるい便通、時には下痢、膨満感、吐き気などがあります。

ミララックスは、米国食品医薬品局(FDA)が子どもへの使用を承認していないため、最近、小児科医、親、メディアの間で話題になり、批判されています。

北米小児消化器・肝臓・栄養学会(NASPGHAN)によると、ミララックスの使用は、ほとんどの子どもに深刻な副作用がないようです。

NASPHGANを支持するボストン小児病院の消化器・肝臓・栄養部門のアソシエイトチーフであるAthos Bousvaros氏(MD、MPH)は、ミララックスは小児の便秘に対する最も研究された薬の一つであり、安全性と有効性を示唆する研究結果があると述べています。

ミララックスは非常によく研究されており、おそらく過去15年間で他のどの薬よりも詳しく研究されています」と彼は言います。

ミララックスは、小児便秘の治療における数多くの選択肢の一つです。

機能性便秘の管理には、ミララックスやその他の治療法を導入する前に、水分補給の増加、食物繊維の多い食事、定期的な運動などの生活習慣の改善が第一に挙げられます。”

生活習慣の改善が尽くされた場合、便秘を治療するための薬の選択肢は以下の通りです。

  • ミララックス
  • ラクツロース(非
  • マイラクス
  • ラクツロース(非吸収性の糖)
  • 水酸化マグネシウム(別名:マグネシアミルク)
  • センナ(腸の動きを活発にするハーブエキス)
  • ミネラルオイル

臨床医は、親や介護者に対して、これらの製品は訓練を受けた医療従事者の推薦がある場合にのみ使用することを強調することが重要です。 また、多くの小児科医や胃腸科医は、ミネラルオイルの使用による誤嚥や脂溶性ビタミン欠乏症のリスクが高まることを理由に、ミネラルオイルの処方を控えています。

エビデンスに基づくガイドライン

一次医療、二次医療、三次医療における小児便秘の管理において医療従事者を支援するため、NASPGHANとESPGHAN(欧州小児消化器・肝臓・栄養学会)は共同でエビデンスに基づくガイドラインを作成することを選択しました。

本ガイドラインは、Boston Children’s Center for Motility and Functional Gastrointestinal DisordersのディレクターであるSamuel Nurko医学博士(MPH)の共著で、便秘を呈する子供たちの診断評価と機能性便秘の子供たちの治療に関する推奨事項が記載されています。

このガイドラインは、臨床的判断の代わりになるものではなく、また、すべての患者に適用できるプロトコルでもありません。

便秘の患者さんのケアについてご質問があれば、Boston Children’s Division of Gastroenterology, Hepatology and Nutritionまでお問い合わせください

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です