Electrical & Computer Engineering

Similarities and Differences CE/CS

Computer Engineering and Computer Science – Similarities and Differences

コンピュータやコンピューティングを中心としたキャリアを考えている学生から、コンピュータエンジニアリング(CEN)とコンピュータサイエンス(CS)の違いについて説明を求められることがあります。 このような質問には、哲学的な答えだけでなく、実用的な答えもあります。 CENもCSも、現代技術の多くを可能にするツールとしてのデジタルコンピュータの使用を研究しており、この2つの分野の重なりは大きい。 両分野とも、コンピュータの内部構造を研究し、コンピュータシステムのハードウェアとソフトウェアの両方を研究しています。 両者の違いは、重点分野の違いです。

コンピュータサイエンスは、伝統的に計算やプログラミングの理論的裏付けを重視しています。そのため、コンピュータサイエンス学科では、プログラミング、アルゴリズム、数値解析(コンピュータプログラムで生成された数値が正確であることをどのように保証するか)、計算理論(原理的に何が計算でき、何が計算できないか)などのコースが一般的です。 米国の大学のCS学部は、1970年代に数学科から派生したものが多く、計算機分野のための厳密な数学的基礎を提供することに重点を置いていることは、多くのCSのカリキュラムに今でも見られます。

コンピュータエンジニアリングプログラムは、主に電気工学に強い工学部で発展しました。 コンピュータエンジニアリングでは、コンピュータの開発と使用の実用的な側面に焦点を当てています。 CENプログラムでは、電子工学や回路に関する工学生の知識を基にした、デジタル論理設計やプロセッサ・インターフェースのコースが一般的です。

UMaineでは、Computer ScienceはCollege of Arts and Sciencesの一学科であり、Computer EngineeringはCollege of Engineeringの一プログラムです。 コンピュータ・サイエンス専攻の学生は芸術科学のカリキュラムに沿って学び、コンピュータ・エンジニアリング専攻の学生はエンジニアリングのカリキュラムに沿って学びます。 この2つの学位の違いは、2つのカレッジの違いでもあります。科学の目的は特定の分野の基礎知識を深めることであり、工学の目的は革新と技術の融合です。

コンピュータエンジニアはハードウェアを作りますが、コンピュータサイエンティストは一般的に作りません。 しかし、コンピュータサイエンティストは、コンピュータシステムの動作を分析したり、ハードウェアエンジニアと交流したりするのに十分なハードウェアに関する知識を持っています。

コンピュータ・エンジニアはプログラマーとして働くことが多いのですが、プログラミング言語やオペレーティング・システムなどのシステムレベルのプログラムは、ほとんどがコンピュータ・サイエンティストによって設計されています。

工学とは、制約の中で問題を解決するために基礎科学の原理を適用すること(つまり、ものを作ること)であるため、コンピュータ工学とは、コンピュータやコンピュータベースのシステムに適用される工学です。 つまり、コンピュータエンジニアは、PCやワークステーション、スーパーコンピュータなどのコンピュータを作ります。 また、自動車、飛行機、家電製品、電子機器、電話、通信ネットワークなど、さまざまな製品に搭載されているコンピュータベースのシステムを構築します。

デューク大学、トリノ工科大学、ヒューストン大学より、ここで使用した言葉の一部をご提供いただきました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です