Euthyroidism

Treatment

治療の目標はEuthyroidismである。 中枢性甲状腺機能低下症は原発性甲状腺機能低下症と同様に、レボチロキシンを1日1.4〜1.6μg/kgの量で投与する。 しかし、高齢者や既存の心血管疾患のある患者など、過剰治療の危険性がある患者では、L-T4を0.3~0.7μg/kgの用量で治療を開始し、3~4週間ごとに調整する。 乳幼児や小児では、T4クリアランスが増加するため、補充不足のリスクが高くなるため、必要なL-T4の投与量はより多くなります。 このような環境で治療が不十分な場合、精神遅滞や身体的成長の遅れが生じるため、最初から適切な治療を行うことが重要です。 しかし、TSHは治療のモニタリングには有用ではなく、測定すべきではありません。 臨床評価は、遊離T4および遊離T3の測定と組み合わせる必要があります。 TSHはモニタリングに有用ではないので、中枢性甲状腺機能低下症の治療は、この環境におけるフリーT4値の “ターゲット “が十分に確立されていないため、より困難である。 例えば、下垂体欠損症患者を対象としたある研究では、健常対照者の遊離T4値と比較して、患者の遊離T4値が低いことがわかった。 遊離T4が正常範囲の中央にあれば適切な投与量であるとする意見もあれば、正常範囲の上位3分の1が正しい目標値であるとする意見もあります。 177 最後に、成長ホルモンの欠乏は中枢性甲状腺機能低下症の患者によく見られ、T4からT3への変換の低下と関連している。 177 最後に、成長ホルモン欠乏症は中枢性甲状腺機能低下症の患者によく見られ、T4からT3への変換が低下する。 最近の研究では、経験的なT4治療(平均投与量1.1μg/kg体重)と体重に合わせたT4治療(T4を1.6μg/kg体重で投与)を比較した。 後者の治療では、甲状腺機能低下症の臨床症状や脂質レベル、筋肉酵素、体重などのパラメーターが改善された178。別の非ランダム化研究では、遊離T3と遊離T4の濃度が「正常」になるように治療を行うと、微妙な甲状腺機能低下症になることがわかった170。さらに、中枢性甲状腺機能低下症の患者は、原発性甲状腺機能低下症の患者よりも高用量のレボチロキシンが必要になることがある。 ある研究では、遊離T4が正常範囲の上半分にある臨床的に正常な患者を調べたところ、中枢性甲状腺機能低下症の患者は、自己免疫性甲状腺炎やラジオヨード治療による原発性甲状腺機能低下症の患者よりも多くの外因性T4(1.9μg/kg/日)を投与されていた(1.6μg/kg/日)。

最後に、T4による治療を開始する前に副腎不全を評価することが重要である。 T4はコルチゾールの代謝を促進するため、副腎不全が未治療の状態でT4治療を開始すると、生命を脅かす副腎クリーゼが誘発される可能性があります

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です