Flashback: デイビー・ジョーンズがモンキーズとの最後のショーを演じる

時間が傷を癒してくれたかのように、2011年には、「I Don’t Think You Know Me」や「Sometime In The Morning」などのディープカットや、「I’m a Believer」や「Daydream Believer」などの大ヒット曲を含む37曲にスポットを当てた印象的なマルチメディア・ショーを開催しました。 “

このツアーは5月から7月下旬にかけて行われ、8月下旬にはさらに1ヶ月間の日程が組まれる予定でしたが、説明なしに中止されました。 “

ツアーは5月から7月にかけて行われ、8月下旬にはさらに1ヶ月間の日程を予定していましたが、何の説明もなく中止となりました。「何が起こったかを詳しく話すことはできません。 “しかし、いくつかのビジネス上の問題があり、正しく調整することができませんでした。 でも、ビジネス上のことで、うまく調整できないことがあったんだ。うまくいかないことがあって、一時的に奇妙な混乱があった。 これ以上のことは、私たちが抑えておかなければならないことに立ち入らないと言えません。

Popular on Rolling Stone

その「不具合」の前の最後のショーは、2011年7月23日にミルウォーキーのMarcus Ampitheaterで行われました。 最前列にいたファンが『ヘッド』のサウンドトラックに収録されている「Daddy’s Song」を演奏しているところを撮影しており、その様子はこちらで見ることができます。 デイビーは亡くなる1週間ほど前までソロ・ライヴを続けていましたが、モンキーズとの共演はこれが最後となりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です