Food and Wine Pairing Basics (Start Here!)

料理とワインのペアリングの基本を学び、自分だけのペアリングを作ってみませんか。 このガイドでは、どのようにペアリングするかの手順を説明します。 また、ワインとの相性を良くするために、レシピで何を見るべきかを学びます。

素晴らしい料理とワインのペアリングは、料理の構成要素とワインの特徴のバランスがとれていることが重要です。

料理とワインのペアリングは複雑ですが、基本はシンプルに把握することができます。

9 Tips For Pairing Wine & Food

これから始めようとしている方は、これらの試行錯誤された方法論が常に素晴らしいペアリングを生み出すことに気づくでしょう。 しかし、さまざまなワインに慣れてくると、自信がついてきて、ルールを破った実験ができるようになります。

  1. ワインは料理よりも酸味の強いものを選ぶ。
  2. ワインは料理よりも甘いものを選ぶ。
  3. ワインは料理と同じ味の濃さのものを選ぶ。
  4. 赤ワインは、味の濃い肉(例:赤身の肉)と最もよく合います。
  5. 白ワインは、味の薄い肉(例:魚や鶏)と最もよく合います。
  6. 苦味のあるワイン(例:赤ワイン)は、脂肪とのバランスが最も良いです。
  7. ワインは肉よりもソースに合わせるのが良いでしょう。
  8. 白ワイン、スパークリングワイン、ロゼワインは、対照的なペアリングを生み出すことが多いです。
  9. 多くの場合、赤ワインは一致したペアリングを作ります。
flavor-pairing-methodology-theory
フレーバーペアリングは香りの化合物をマッチさせます。 イメージです。 Wine Folly: The Essential Guide to Wine

Congruent Pairings vs Contrasting Pairings

対照的なペアリングは、味や香りを対比させることでバランスを生み出します。

Congruent Pairingは、共有する味の化合物を増幅することでバランスを生み出します。

food-wine-pairing-wine-folly-book
青い線は味の一致を、グレーの線は味の衝突を示しています。 デザインは「Wine Folly: The Essential Guide to Wine」より

Identify The Basics Tastes

今の時代、食べ物には、甘味、酸味、脂肪などの基本的なものから、辛味、うま味、電気などの極端なものまで、20種類以上の味があることがわかっています。 幸いなことに、料理とワインのペアリングでは、6つの味に注目すればよいのです。

Win-Pairing-Taste-Components

ワインの基本的な味の構成要素

ほとんどの場合、ワインには脂味、辛味、塩味の3つの味はありませんが、酸味、甘味、苦味は程度の差こそあれ含まれています。

  1. 赤ワインは苦味が強い
  2. 白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインは酸味が強い
  3. 甘口ワインは甘味が強い

ワインの味の特徴は、脂肪、辛味、塩味の3つの味がないことです。

食べ物の基本的な味の構成要素

料理を基本的な支配的な味にまで単純化してみましょう。 例えば、焼いたマカロニは、脂肪と塩の2つの主成分を持っています。 南部のバーベキューはもう少し複雑で、脂肪、塩、甘み、スパイス(それに少しの酸味!)が含まれています。 肉を使わない料理でも、簡略化できます。 例えば、グリーンサラダには酸味と苦味があり、クリームコーンには脂肪と甘味があります。

強度を考える

FOOD: その食べ物はとても軽いのか、それともとても濃いのか。 サラダは軽い感じがするかもしれませんが、ドレッシングは酸味の強いバルサミコ・ドレッシングかもしれません。

ワイン:そのワインは軽やかなのか、大胆なのか。

  • Sauvignon Blancはライトボディですが、酸味が強めです
  • Chardonnayはボディが強めですが、酸味が強すぎないのが普通です
  • Pinot Noirは(赤ワインとしては)ライトボディで、タンニン(苦味)が強すぎないのが特徴です。
  • カベルネ・ソーヴィニヨンは、よりフルボディで、タンニンが多い(苦味が強い)

もっと例を知りたい?

Smoked Gouda mac cheese. photo by Alla_G on flickr

Find Contrasting or Congruent Pairings

料理に含まれるすべての基本的な味の構成要素を確認したら、ペアリングのオプションを検討し始めましょう。 焼きマカロニの簡単な例では、いくつかのペアリングが考えられます

補完的なペアリング。 酸味の強い白ワインは、マカロニの脂肪分を引き立てます。 例えば、クリーミーなベシャメルソースを使った伝統的なマカロニ・チーズのレシピに、ピノ・グリージョ、アシルティコ、ソーヴィニヨン・ブランなどの刺激的な白ワインを合わせれば、Complementary Pairing(補完的なペアリング)となります

CONGRUENT PAIRING(個性的なペアリング)。 クリーミーさを持つ白ワインは、料理のクリーミーさを引き立てます。

Getting Creative

ワインと料理の主要な味の構成要素のバランスが取れたら、より繊細な味を組み合わせることで創造性を発揮することができます。

BOLD RED WINE: このペアリングの背景にあるイデオロギーは、高い苦味(タンニン)がマカロニの塩分と脂肪分によってバランスを取るというものです。 このバランスによって、チーズとワインの微妙な風味が残るのです。 例えば、ベイクド・マカロニにスモークしたゴーダが入っていたら、(フィニッシュに)スモーキーさが感じられるシラーズを選ぶといいでしょう。

SWEET WHITE WINE:このペアリングの背景にあるイデオロギーは、ペアリングによって甘味と塩味を引き出すことです。 例えば、ハムの入ったマカロニ・チーズには、リースリングのような甘みのあるザクザクした白ワインがよく合います。

もっと助けが必要ですか?

ここでは、いくつかのガイドをご紹介します。

  • Wine and Cheese Pairing Ideas
  • Chicken (and other poultry) with Wine
  • Wine with Lamb,
  • 魚とワインのペアリング
  • サーモンのワインペアリングガイド
  • ハムと驚くほどよく合うワイン
  • 自分でできるフード&ワインペアリング講座
  • ハーブやスパイスとワインのペアリング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です