Gardening FAQ

鋭利な鋤を使って、根も含めて管理できる塊を掘り起こし、すぐに植え替えます。 秋に植え替えても構いませんが、春先の方が株が定着するのに時間がかかるので良いでしょう。

植える場所に有機物をたっぷりと入れて準備します。 最も一般的に植えられているパキサンドラ・ターミナリスは、地中の太い水平な茎である根茎によって広がります。 根茎には節があり、そこから根や新芽が伸びていきます。 根を張っている節を確認して、その部分で分ければよい。 分割した根茎を1フィート程度の間隔で植え、毎日水を与えます。 移植した塊の間にはマルチングを施し、定着するまでの最初の夏の間は十分に水を与え続けるようにします。

茎を切り取ったものは、鉢植えでも土に直接挿してもすぐに発根します。 この植物の良いところは、他の植物が苦手とする様々な場所に使用できることです。 土壌が酸性であったり、急な斜面であったりと、他の植物が苦手とする場所にパキサンドラを移植してみましょう。
パキサンドラは丈夫なだけでなく、魅力的な植物です。

ガーデニングに関する様々な情報は、植物情報ガイドをご覧ください。
– Courtesy of NYBG Plant Information Service

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です