Gross – My Pet’s Got Ringworm! What Do I Do?

2020年3月26日 – 白癬は、犬や猫によく見られる皮膚感染症です。 白癬菌は虫ではなく、世界中のどこにでもいる一般的な真菌が原因なので、この名前は少し誤解を招く恐れがあります。 また、多くの場合、感染は全くリング状ではなく、様々な外観を呈します。

皮膚糸状菌症は、ペットから人間へと感染する可能性があります。

皮膚糸状菌症は、ペットから人間へ感染することがありますが、白癬菌が動物や人間に深刻な問題を引き起こすことはほとんどありません。

白癬菌は1つの真菌ではありません

ペットの白癬菌の原因となる真菌は数種あります。 犬や猫では、Microsporum canisが原因となるケースが大半です。

感染したペットは寛大で、他の人と共有することを好みます。

感染したペットは、人や他のペットに白癬菌を感染させます。 牛、ヤギ、豚、馬が白癬菌を人にうつしたという報告もあります!

多くの研究によると、ペットとの密接な接触と衛生状態の組み合わせにより、子供がペットから白癬菌をうつされる可能性が最も高いとされています。

ペットも白癬にかかる可能性があり、記録されている症例のほとんどはTrichophyton mentagrophytesによるものです。

ポケットペットと犬や猫との間の感染の可能性についての文献はほとんどありませんが、原因となる最も一般的な生物が種によって異なることを考えると、感染が起こる可能性は低いと思われます。

犬猫の品種によっては感染しやすい場合があります

感染に対する性別や年齢の素因はありませんが、ペルシャ、ヒマラヤン、レックスの猫や、ヨークシャー、ジャック・ラッセルのテリアは、白癬菌感染の動態を調べた発表された研究では、その数が多いことがわかっています。

白癬菌はどこにでもいるものですが、ペットが感染しやすい条件があります

それは以下のようなものです。

  • 狩猟犬や作業犬として使用されている犬
  • 成獣のストレスや併発している病気
  • 家庭内での過密状態や不衛生な環境
  • 何らかの理由で皮膚に微小な外傷を受けた場合
  • 集団生活をしている場合

興味深いことに。

興味深いことに、猫の場合、猫免疫不全ウイルス(FIV)や猫白血病ウイルス(FeLV)の感染だけでは病気のリスクは増えないことが多くの研究で示されています。

皮膚の病変は他の病気をまねく

ペットの良好な病歴は、獣医師が白癬の診断を下すのに役立ちます。 飼い始めたばかりのペットの皮膚の異常、特にペットの飼い主や他の家族の皮膚の病変を伴う場合は、一般的な病歴となります。

一般的な身体検査の所見としては、以下のようなものがあります。

  • 脱毛している部分
  • 鱗屑や痂皮の部分(猫ではタバコの灰のような外観になることもあります)
  • 切れた毛

皮膚の痒みは犬猫では一般的ではありませんが、発生することがあります。

感染した猫や犬の中には、臨床的な徴候がないものもありますが、他のペットにこの病気を広げる可能性があります。 獣医師は、特に病気が再発した場合、感染したペットと同居している無症状のペットを検査することを勧めるかもしれません。

残念なことに、同様の徴候は、表在性細菌性皮膚感染症、ダニ、アレルギーなど、犬猫の他の一般的な皮膚疾患でも見られます。

診断には専門的な検査が必要です

獣医師が病歴と身体検査からペットが白癬にかかっているのではないかと疑ったら、診断を確定するためにいくつかの専門的な検査が必要になります。

一般的な検査としては、ウッドランプと呼ばれる特殊な紫外線照射器を用いた検査があります。

獣医師がクリニックで行うもう一つの検査は、毛や皮膚を顕微鏡で調べることです。 研究によると、どのタイプの真菌が存在するかにかかわらず、白癬菌感染の85%はこの方法で確認できると言われています。

これらの検査で診断が確定しない場合、白癬菌を確定診断するためには、真菌培養が必要です。

治療にはペットと環境の両方が含まれます

白癬菌感染の大部分は自然に治癒しますが、ほとんどの獣医師は感染期間を短縮し、他のペットや人への感染の可能性を減らすために治療を推奨しています。

ペットの治療には、外用療法と内服薬があります。

治療には、地道で徹底した環境の除染が欠かせません。 十分な洗浄が行われなければ、再感染が起こり、病気がさらに広がる可能性があります。 具体的な対策については獣医師が一緒に考えてくれますが、毛が生えていない場所を確保すること、頻繁に場所を洗うこと、カーペットを深く掃除すること、ペットの寝具を毎日洗うことなどが重要です。 多くの飼い主は、感染したペットを掃除しやすい場所に置いておく方が楽だと考えます。

多くのペットは治療にすぐに反応し、1〜2週間で治ることもあります。

多くのペットは治療に早く反応し、時には1~2週間で治ります。獣医師はウッドランプや真菌培養を使って治療をモニターします。 ほとんどのペットは4~8週間で完全に治癒します。

良いニュースは、ほとんどすべてのペットや人が長期的な影響を受けることなく完全に回復するということです。 白癬ではないかと思われる皮膚病変がある場合は、治療について医師のアドバイスを受けてください。

再発や長引く感染症は、治療期間が不十分であったり、環境の除染が適切に行われなかったりして、治療がうまくいかないことが原因です。

予防は可能ですか?

難しいことですが、ペットの飼い主が家の中での感染を防ぐためにできることがあります。 新しいペットには、ウッドランプ評価を含む徹底的な健康診断を行うことが有効です。 新しく家に迎えたペットを隔離する(ただし、犬小屋に入れてはいけません)ことは、白癬の拡大を防ぐだけでなく、他の病気を発見するための時間を確保するのにも役立ちます。 いつものように、新しいペットと接するときには、衛生管理をしっかり行うことが重要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です