How Much Should Cats Drink?

この質問について、いくつかの異なる方法で見てみたいと思います。 まず、定評のある「計算機」を使って、10 ポンドの去勢済みの成犬と成猫が 1 日に摂取すべき水の量を求めました。

犬:348 +/- 70 mls/日

猫:261 +/- 52 mls/日

これらの結果は、犬と比較して、猫は体重1ポンドあたりに必要な水の量が比較的少ないという考えを裏付けています。

さて、10ポンドの猫がどこから水を得られるか見てみましょう。 この猫は1日に約261kcalのエネルギーを食事から必要とします。 これはタイプミスではありません。 一般的な経験則では、水の必要量(ml)とカロリーの必要量(kcal)は同じです)。)

このドライフードは1カップあたり502kcalです。

ドライフードのカロリーは502kcal/カップですから、1日0.52カップを食べる必要があります。 ドライキャットフードには通常約10%の水分が含まれているので、0.52カップのフードから0.052カップ、または12.3mlの水が得られます。

同社の缶詰は85gあたり88kcalなので、猫ちゃんは1日に約3缶(小さな缶詰ですよ!)を食べることになります(88×3=264kcal)。 ほとんどのキャットフードには68~78%の水分が含まれています。 ここでは平均の73%を使います。 つまり、85gの73%×3で186g、186mlの水が含まれていることになります。 猫が1日に必要とする水の総量261mlから186mlを引くと、75ml(またはカップの約3分の1)になります。

その計算で頭がクラクラしてきましたか? 申し訳ありません。

ここでのメッセージは、猫がドライフードを食べているときは、ほとんどすべての水分をフード以外から摂取する必要があり、一方、缶詰のみの食事では、猫が必要とする水分の約3分の2を摂取できるということです。

この違いは、もし猫が本当に喉の渇きを感じないのであれば、非常に重要になるかもしれません……この件については、来週詳しく説明します。 ナディネル / via

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です