How To Get Rid Of Oil From Your Greasy Hair & Scalp?

毎朝、髪を洗っている。 でも、夕暮れになると頭皮が脂っぽくなる。 そんなことありませんか?

オイリーな髪は、多くのインド人にとって共通の悩みです。 脂っぽい頭皮は、脂の感触だけでなく、かゆみやフケなどの問題を引き起こすこともあります。 そこで、油分のない健康的な頭皮を維持するためのレメディーをまとめました。

オイリーな頭皮と髪の原因

オイリーな頭皮は、皮脂腺の働きが過剰になった結果です。 頭皮には小さな毛穴があり、その下に皮脂腺があります。

皮脂は健康な頭皮と髪を保つために不可欠なものです。

皮脂は、頭皮や髪を健康に保つために欠かせないものですが、ある要因によって皮脂が過剰に分泌され、髪が脂っぽくなってしまうことがあります。

頭皮が脂っぽくなる要因を見てみましょう。

内的要因

遺伝子

頭皮が脂っぽくなるかどうかは、遺伝子が大きく関わっています。

外的要因

A. 髪の毛を強く洗う

髪の毛を強く洗うことで、保護膜が破壊されてしまいます。 その結果、頭皮の潤いを保つために皮脂腺から油分が過剰に分泌されることになります。

B. 食生活

食生活も関係しているかもしれません。

C. ストレス

もしあなたのストレスレベルが高ければ、皮脂腺の活動が活発になる可能性があります。

D. ヘアケア製品

刺激の強いヘアケア製品を使用すると、頭皮の保護膜にダメージを与える可能性があります。

How To Treat An Oily Scalp And Greasy Hair?

Keep a track of how frequently you wash your hair

洗髪の頻度は、頭皮がどれくらいオイリーになるかを決める重要な要素です。

注意:

頭皮が脂っぽい原因に注目することは、洗髪の頻度を決める上で重要です。 もともとオイリーな髪質で、頭皮が脂ぎっている人は、おそらく遺伝的なものでしょう。

定期的に頭皮を洗っていない場合

頭皮を清潔に保ち、余分な皮脂を取り除くことは、脂を取り除くために重要です。 シャンプーをすることで、余分な皮脂やゴミを取り除くことができます。 頭皮を清潔に保ち、健康な髪を促進します。

髪を洗う頻度が多すぎる場合

髪を洗う頻度が多い人は、洗いすぎが原因で頭皮が油っぽくなっている可能性があります。 頻繁にシャンプーをすると、頭皮に必要な油分や水分が奪われてしまいます。

正しいシャンプーをする

髪を洗うことが当たり前になっていることがあります。 ただシャンプーをすり込むだけでは不十分なのです。 シャンプーは、髪の毛についた不要な汚れを落とします。

正しいシャンプーの方法とは?

シャンプーのボトルに記載されていることが多いと思いますが、

  • 少量のシャンプーを手に取り、頭皮をマッサージするように洗う。
  • 爪を立ててゴシゴシ洗うのは避けましょう。
  • シャンプーは頭皮だけにつけるようにしましょう。

適切なコンディショニングを行う

コンディショナーを使いすぎると、髪に製品が蓄積されてしまいます。 これは、髪がより油っぽく、重く感じられる原因となります。

オイルフリーの頭皮と髪のための製品に投資する

オイリーな頭皮に特化した製品も販売されています。 お肌と同じように、髪にも個性があります。 自分の髪の悩みに対応した製品に投資しましょう。

オイリーな頭皮の人は、これらの成分を含むシャンプーを探してみましょう。

  • 過酸化ベンゾイル
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 硫化セレン
  • スルファセタミドナトリウム
  • ケトコナゾール

ブラシを定期的に掃除する

髪に使ったときにブラシについた油分や汚れは、掃除しなければなりません。 また、ブラシには製品の残留物が付着している場合があります。

Don’t scrub or brush too hard

強くこすったり、ブラッシングしたりすると、頭皮の保護膜にダメージを与え、水分やエッセンシャルオイルを閉じ込めてしまいます。 これにより、頭皮の自然な油分が失われ、皮脂腺が油分を過剰に分泌するようになります。

すすぎをしっかり行う

製品が蓄積されないようにする必要があります。

Avoidoid using heavy products like leave-in conditioners

これらは頭皮に重さと脂っぽさを感じさせます。 オイリーな頭皮に余分な水分は必要ありません。

運動後に髪を洗う

運動後は頭皮に汗がたまっています。 この汗が髪や頭皮に付着すると、余計に脂っぽくなってしまい、気になりますよね。

スタイリング剤を使わない

スタイリング剤の熱は、髪にかなりのダメージを与えます。 切れ毛の原因になるだけでなく、長期的には髪に必要な油分まで奪ってしまいます。

Home Remedies For Greasy Scalp

Tea tree oil

Tea tree oilには抗菌作用があり、健康な頭皮を維持するのに役立ちます。 また、フケや脂っぽさを抑える効果もあります(1)。 シャンプーに数滴のティーツリーオイルを加えます。

Apple cider vinegar

Apple cider vinegarは、製品の蓄積を減らすのに役立ちます。 髪を整えるたびに、製品の薄い層が髪の軸を覆っていきます。

しかし、コンディショナーの量が多すぎると、髪が重くなり、平たくなってしまいます。

しかし、コンディショナーの量が多すぎると、髪が重くなってしまいます。 アップルサイダービネガーは、蓄積された製品を取り除き、頭皮のpHレベルのバランスを整え、縮れを抑える効果があります。

マンサク

マンサクは、頭皮や髪の脂分を取り除くのに非常に役立ちます。

頭皮が敏感な方は、マンサクを使うとよいでしょう(3)。

緑茶

緑茶は肌の油分の分泌を抑える効果があります(4)(5)。

Other Condition Linked To An Oily Scalp

Seborrheic dermatitis

脂漏性皮膚炎はフケとしても知られており、頭皮の皮脂腺が多い部分に発生しやすいです。 脂漏性皮膚炎は、フケとも呼ばれ、頭皮の皮脂腺が多い部分に発生し、頭皮がカサカサになり、かゆみを伴います。

おでこのニキビ

おでこのニキビは、頭皮がオイリーであることが原因の場合があります。 頭皮の油分が髪の毛を介しておでこに移ることがあります。

When To See Your Doctor?

これらの対処法を試しても大きな改善が見られない場合は、皮膚科医に相談してみましょう。

まとめ

  • 髪の毛に熱を加えすぎると、髪の毛が傷んだり、脂っぽくなったりします。
  • 熱いシャワーを浴びたり、ブラシが汚れていたり、頭皮をきちんと洗っていなかったりすると、脂が出やすくなります。
  • ティーツリーオイル、アップルサイダービネガー、ウィッチヘーゼル、グリーンティーなどを使うと、頭皮や髪の脂を抑えることができます。

まずは自分の肌を知ることから始めましょう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です