How to make the best use of the direct ophthalmoscope

Direct ophthalmoscope

これは最も一般的な検眼鏡の使い方ですが、初めて使用する人にとっては最も難しい分野でもあります。

1.

1.後眼部
0ディオプトルにセットした検眼鏡を観察者の目に近づけ、次に動物の球から2~3cm離していきます。

直視型検眼鏡では、眼底を高倍率で見ることができますが、動物が目を大きく動かしている場合には違和感があります。 最も簡単な目印は、円盤から垂直に伸びる網膜血管です。

観察者の目は遠距離に対応するためにリラックスしていなければなりません。

観察者の目は遠距離に合わせてリラックスさせ、視神経板と側頭・鼻頭・非側頭の眼底の4つの象限を系統的に調査します。 これにはトロピカミドなどの散瞳剤を使用すると効果的であるが、瞳孔が大きく開いた状態では、持続性のある瞳孔膜などの小さな病変を見逃す可能性があるため、虹彩を観察するまでこの作業は行わない方が良いと思われる。 タペタルの反射率、色素分布、血管の外観の変化を確認する必要がある。 視神経板コロボマータや網膜剥離など、眼球の焦点面にない病変の位置は、焦点が合うまで検眼鏡の視度を変えることで推定できる。

2.前眼部
水晶体と後角膜の間の構造が前眼部で、水晶体の視度を+10にすると最もよく見えます。

水晶体は透明なので、まず瞳孔の縁にピントを合わせ、頭を前後に軽く動かして、水晶体の前後を観察するのが簡単です。

水晶体の各部分を識別する方法はいくつかありますが、頭を少し左右に動かしたり、目を動かしながら観察したりすることで、視差を利用して水晶体の後方と前方のどちらに障害があるかを知ることができます。

水晶体の前部と後部を区別する別の方法は、下着のルールを使用することです。つまり、「Yフロント」とは、前部のカプセル下縫合線がYの形をしており、後部の縫合線が逆Yの形をしているということです。

重要な点として、核硬化は高齢犬の眼のペンタグラフ検査で見られる灰色の疑似混濁であり、水晶体核と内皮質のこの屈折率の変化によって胎児反射が妨げられることはないので、遠方からの直接観察と直視鏡によって真の白内障と区別すべきであるということです。

この時点で、虹彩の異常に注意する必要があります。これには、胚性の瞳孔膜システムの残存物、色素沈着や血管系の変化が含まれます。

房水の細胞数の推定は細隙灯検査でしか実用的ではありませんが、細胞やフィブリンの粗大な増加は、特に逆光で房水を見た場合、つまりタペタムから反射した光で見た場合に顕著になります。

3.角膜と付属器
検眼鏡を+20ディオプトルに設定すると、基本的には単純な強力な拡大鏡として機能しますが、観察者と動物の間に密接な関係が必要です。

透明な角膜にピントを合わせるのは初心者には難しいことですが、2つの有用なヒントがあります。まず、手にピントを合わせる練習をして、どのくらい近づかなければならないかの感覚をつかむこと、そして、角膜と強膜の接合部の色素と血管がピントを合わせるための簡単な目印となる、辺縁部で角膜検査を始めることです。

水晶体の場合と同様に、最も困難な作業は、透明な角膜の中にあるアレジオンを特定することです。 ここでは、検眼鏡にスリットビームやペンシルビームがあれば、非常に役立ちます。

水晶体の場合と同様に、スリットランプバイオマイクロスコープがあれば、状況は大きく改善されます。

レンズと同様に、細隙灯生体顕微鏡があれば、状況は改善されます。同じ視度の検眼鏡を使用することで、結膜や瞼縁を拡大し、結膜の繊毛や瞼縁の睫毛の位置を確認することができます。

間接検眼鏡

直接法は、その名が示すように、観察者の目に近い1つのレンズを使用して、観察者に直接、現実的な、つまり直立した、しかし高倍率の網膜像を作り出します。

間接法では、レンズを動物の目に近づけますが、観察者は手の届くところにいて、肉眼やルーペで見ることができる、倒立しているが倍率の低い仮想の画像を作り出します。

オンラインで数ポンドで購入できる、幅2インチ程度のプラスチック製の20ディオプトルレンズが理想的ですが、アクロマティックマウントされたガラスレンズも理想的ですが、高価です。

最良の結果を得るためには、瞳孔を広げておく必要があります。

最良の結果を得るためには、瞳孔を開く必要があります。左目を見るためには、右手でレンズを腕の長さくらいに持ち、犬のマズルと眼窩の縁に当て、レンズを目の近くに置きます。 直接検眼鏡または他の適切な焦点光源を左目に近づけ、胎児の反射がレンズを通して見えるように動かします。

この時点では、眼底の大部分が見えています。胎児の眼底の端を見るために、レンズを動かさずに頭部と検眼鏡を動かします。

直接法とは逆になるので、数分の練習が必要ですが、眼底を広く見ることができるメリットは大きいです。

間接視鏡には、より高価ですが、より簡単な方法として、同軸メイン照明付きの2眼ヘッドルーペがあります。

これは、両手でヘッドとレンズを持つことができ、さらに画像が立体的であるためコロボマや網膜剥離が非常に見やすいという利点があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です