How to Use a Greenhouse

温室で植物を育てることは、園芸家にとって夢のようなことです。

初心者のための温室利用ガイド

自分の温室を持つことには多くの利点があります。

  • 早く種を蒔くことができる
  • 柔らかい植物を冬越しさせることができる
  • エキゾチックな植物を育てることができる
  • 一年中野菜を育てることができる

温室を運営するための基本的な知識を学び、自分でやってみるかどうかを決めましょう。

特徴

温室には、シンプルなコールドフレームから本格的なガラス張りのものまで、さまざまなサイズがあります。 購入するメーカーやモデルによっては、電気、暖房、ベンチ、棚、照明などが付いているものもあります。

それぞれの設備があることで、温室の活用方法が広がります。 例えば、照明があれば、日没後に温室を訪れて、挿し木や種まきなどの園芸作業を行うことができます。 また、太陽熱だけでなく、暖房設備があれば、1年中ほとんどの作物を栽培することができます。

暖房と換気

温室内の理想的な温度は華氏80〜85度程度ですから、まずは温度を安定させることが大切です。 温室は主に太陽の光で内部の空気を暖めますが、ガスや電気のヒーターで補助的な熱源を持つものもあります。 車と同じように、晴れた日には建物の内部はすぐに100度以上になるので、温度を調節しないと植物にストレスを与え、場合によっては枯らしてしまうかもしれません。

すべての温室には換気口が必要です。天井のハッチを開ける上部換気口か、熱気を排出して冷気を取り入れる側面換気口とファンがあります。 通気口は、手動式と自動式があります。 手動の方がコストは安いのですが、換気口の開け閉めや、昼間にドアを開けて夜に閉めるプロペラを忘れないようにしなければなりません。 これを面倒だと思う人もいますし、日中家にいない人にとっては、天候が急変したときに困ることになります。

風通しをよくするためのその他のヒント:

  • 暖かい日はドアを開けておく。 風でドアが閉まるのを防ぐために、ドアの前に重い石やレンガを置くようにしましょう。
  • コールドフレームの場合、日中はコールドフレームの蓋を開けて、空気が循環するようにします。
  • 必要に応じてスタンドファンを追加で使用し、空気を循環させる。

シェードクロスを使う

シェードクロスは、緑などの濃い色の素材がロール状になっていて、温室の窓の外側にシェードのように巻き下げます。 温室内の温度や光量を調整するために、この布を巻き上げたり巻き下げたりすることができます。 夏の暑い時期には、シェードクロスを使って温度を下げたり、温室内の光量を適度にしたりすることができます。

湿度をコントロールする

湿度は、特に熱帯植物にとって多くの利点があります。

空気中に湿度を加えるには、

  • 植物の下に小石を敷いたトレイを置く。
  • トレイに水を入れ、小石が隠れるようにします。 水が蒸発すると、植物の近くに湿度が加わります。
  • 別の方法として、植物のベンチやテーブルの下の床に大理石や石のチップを敷きます。 乾燥した日にこれらを湿らせておくと、湿度を生み出すのにも役立ちます。

ベンチを使う

温室用ベンチとは、植物を固定するために縁にリップが付いたテーブルのことです。

ガーデニングの四季

温室には四季があり、ガーデニングを楽しむことができます。

  • 春。 温室内のトレイに種をまきます。 苗が出てきたら、大きめのポットに移植し、霜の心配がなくなるまで温室内で管理します。
  • 夏。 温室内で秋の花、多年草、その他の植物を始める。
  • 秋。 アマリリスの球根のようなホリデープランツを温室内でスタートさせます。 クリスマスカクタスを強制的に開花させることもできます。 家の中の日当たりの良い窓辺に置けない観葉植物を温室の中に置きます。
  • 冬。 温室を使って、レタスなどの耐寒性のある野菜を育てましょう。 ゼラニウムなど、保存しておきたい柔らかいハーブや一年草は、冬の間、温室で育てて保護しましょう。

温室栽培の課題

温室を所有することで、栽培上のメリットが得られるのは確かですが、温室栽培にはいくつかの課題があります。 風雨から守られた場所があると、栽培期間を長くすることができますが、その分、自然の昆虫の捕食者が減ります。 つまり、温室内で虫が発生した場合、悪い虫に隠れ家と餌を提供していることになるのです。 同様に、カビや菌類、ウイルスも温室内の暖かく湿度の高い環境を好みます。 風通しを良くして、植物の病害虫に気を配り、被害を受けた植物をすぐに隔離して治療し、問題が広がらないようにします。 これが温室の運営を成功させるためのすべてです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です