Levetiracetamの新たな用途

2002年12月10日-12月9日に開催された米国てんかん学会の年次総会で発表された3つの研究は、levetiracetam(Keppra)の新たな用途を示唆するものでした。 第4相試験では、レベチラセタムが地域社会において第3相対照試験と同等の効果と安全性を示し、部分発作の追加療法としての使用が支持されました。 また、別の研究では、単剤での使用が可能であり、全般発作にも有効である可能性が示唆されています。

「レベチラセタムは、てんかんの治療に重要な役割を果たします」と、ニューヨーク州ニューヨークにあるコロンビア・プリセビテリアンメディカルセンターのMartha J. Morrell氏らは書いています。 “

KEEPER試験は、第IV相、前向き、非盲検、地域密着型の試験で、1,030人の部分発作を持つ成人が治療目的で参加し、そのうち269人(26.1%)が試験を中止し、うち13.5%が有害事象により中止しました。 主な有害事象は、眠気、めまい、無力感、頭痛であり、ほとんどが軽度から中等度であった。

「Levetiracetamは忍容性が高く、体重に依存しない抗てんかん薬と考えることができる」と著者は書いています。

半数以上の患者で発作が50%以上減少し、約3分の1の患者で発作が100%減少しました。

ノースカロライナ州ダーラムにあるデューク大学で行われた2つ目の研究では、レベチラセタムの単剤療法が有効であることが示されました。

Aatif M. Husain氏らは、「レベチラセタムは部分発作の単剤療法として有効である。 “

レベチラセタムの投与を受けている300人以上の患者のうち、21人がてんかんの単剤治療を受けており、その内訳は、二次性全般化を伴うか伴わない部分発作の18人、若年性モノクロニーてんかんの2人、小児欠神性てんかんの1人でした。 500mgから3,000mgまでの用量で、20名の患者がレベチラセタムの投与開始以来、発作を起こしていなかった。

セントポールのMinnesota Epilepsy Groupによるレトロスペクティブな記録のレビューでは、レベチラセタムは2歳未満の患者の第一選択の抗けいれん薬として考慮できることが示されました。

「医師にとって、新生児や乳児のてんかんに対してどのような薬を検討すべきかを知ることは困難な場合があります。なぜなら、ほとんどの選択肢はこの年齢層ではまだ臨床試験が行われていないからです」と、筆頭著者のMichael D. Frost医学博士はニュースリリースで述べています。 “今回の研究では、初めてのAEDとしてKeppraの投与を開始した小児もいました。

記録によると、レベチラセタムの投与を開始したのは生後2日から22カ月(平均生後15カ月)までの22名の患者(男児8名、女児14名)でした。 初期投与量は10.4mg/kg/day~27.7mg/kg/day(中央値18.1mg/kg)を経口投与し、数日~6週間後に最大投与量15mg/kg/day~144mg/kg/day(最大投与量中央値61.25mg/kg)を投与しました。

ケプラを投与された20名の患者のうち、12名は発作が50%以上減少し、6名は発作が90%以上減少し、4名は無発作であった。 多動性のわずかな増加や無気力、疲労感などの副作用はわずかで、用量との関連や滴定率の影響はありませんでした。

「より大規模な対照試験が必要ですが、今回の結果から、Keppraはこの年齢層において発作のコントロールを改善するために、安全で、容易に投与でき、維持できることが明らかになりました」とFrost氏は述べています。 ポスター:2.200, 2.190. Presented Dec. 9, 2002.

Reviewed by Gary D. Vogin, MD

米国てんかん学会年次総会:ポスター:2.200, 2.190.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です