StorageCraft Technology, LLC

この記事をドイツ語でお読みになりたいですか?

仮想化という便利な技術のおかげで、複数のオペレーティング システムやアプリケーションを 1 台のホスト マシン上で実行することが、あらゆる規模の IT 環境で当たり前になりました。

「どちらが優れているか」、「どちらにすべきか」など、知識のあるIT専門家に同様の質問をすると、ほとんどの人が「断然VMwareだ」と答えます。

これらの発言にはいくつかの真実があるかもしれませんが、Oracle の VirtualBox と VMware Player のような類似したものを比較すると、戦いははるかに競争的になります。

コストとライセンス

VirtualBox と VMware Player は、x86 プロセッサの仮想化ソフトウェア市場において、最もコスト効率の高いオプションの 2 つです。

オラクルは、そのソリューションを一般公衆利用許諾契約書 (GPL) のバージョン 2 で提供しています。

どちらのアプリケーションも無料ですが、プレミアムパッケージにアップグレードすることも可能です。 例えば、VMware Playerは、Mac OS X、Microsoft Windows、Linux、その他のUnix系システムで動作するVMware Fusion Professionalの商用ライセンスを購入すると、機能がアップします。

デュアル ライセンスのコンポーネントを考慮すると、私たちはここで行き詰まっていると言ってもいいでしょう。

気に入った点

VMware は Player ソフトウェアを、Windows 7、8、10 などの新しいオペレーティング システムで Windows XP を実行する最も効率的な方法として宣伝しています。

また、VMware Playerは、デスクトップ上で新しいアプリケーションを効果的にテストするための理想的な環境を提供します。これにより、同じ目的のためにサーバーを購入またはリースする必要がなくなります。

VirtualBoxの最大の特徴はその携帯性にあります。 あるホスト環境で仮想マシン群を作成し、別のホスト環境で実行することができるのは、より便利な特徴の一つです。 例えば、マイクロソフト製品の使い勝手の良さを評価している管理者は、Windowsで仮想マシンをセットアップした後、よりパフォーマンスの高いLinuxで実行することができます。

プラットフォームの信頼性

この2つの製品の違いを示すものがあるとすれば、それは信頼性かもしれません。 Virtualbox は堅実な製品として広く知られていますが、生産環境での価値を制限する可能性のあるいくつかの欠点があります。

一方、VMWare Player は、このベンダーの商用製品と同様の安定性と信頼性で知られています。

一方、VMWare Player は、商用製品と同様の安定性と信頼性で知られており、Windows と Linux の両方のプラットフォームで高いパフォーマンスを発揮します。 しかし、スナップショットをはじめとするIT管理者が安心して使える機能がありません。 スナップショットは、VMの特定の状態を保存し、必要に応じてその状態を復元することができる便利な機能です。 これは時間の節約になります。

企業向けの機能やサポートが充実していても、Oracleのオープンソース製品は、ESXi、vSphere、Workstation ProといったVMwareのオールスターに対抗するのは難しいでしょう。

最終的には、ほとんどの IT 専門家は、控えめなニーズをお持ちの方や仮想化を始めたばかりの方にとって、どちらも優れた選択肢であることに同意すると思います。

大物についてはどうでしょうか? VMwareとHyper Vの比較をご覧ください。

LinkedInTwitterFacebookYahoo! メールRedditFlipboardEmailShare

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です