The Most Expensive Drinks in the World, and Where to Buy them

The Most Expensive Drinks in the World and Where to Buy them

アルゴンキンホテルの従業員が、「マティーニ・オン・ザ・ロック」の作り方を実演しています。 かつてドロシー・パーカーなど1920年代の作家や詩人が訪れたアルゴンキンは、本物のダイヤモンドを使った1万ドルのマティーニカクテルを提供することで、新たな知名度を得ようとしている(Mandel Ngan/AFP/Getty Images)

そろそろ世界のハイローラーたちがボトルサービスから手を広げるチャンスではないでしょうか。

Fine & Rare – New York City – Various Pours ($400-$1,000) – リーズナブルな価格から始めて、上に向かっていくことにしましょう。 Flatiron Room」のスタッフが最近オープンしたこの店は、バーの後ろに正真正銘の宝箱を備えています。 ウイスキー好きの方には、グレンモーレンジィ35年プライド1978(481ドル/1本)がお勧めです。 しかし、実際の「プライド」に興味がある人には、パッピー・ヴァン・ウィンクルの10年物「オールド・リップ」を1杯1,000ドルで提供しています。

The London Bar – New York City – Billionaire’s Margarita ($1,200) – これは間違いなくメニューに載っていない領域です。 Travel + Leisureによると、このドリンクは限定版のPatrón en Lalique Serie 1とRémy Martin Louis XIIIで構成されています。 この請求書だけで、国境を越えた旅の資金を調達できるかもしれません。

Ty Bar – New York City – Billionaire’s Row Cocktail ($1,210) – コーポレートカードを持っている人にとって、このベイビーのラウンドの領収書を説明するのは難しいかもしれません。 フォーシーズンズ・ミッドタウンの「Ty Bar」では、入手困難なマッカランM、コロラド産クローバー・ハニー、オレンジ・ビターズを使って、クラシックなオールド・ファッションドをアレンジしたカクテルを提供しています。 ドン・ドレイパーが誇りに思うことでしょう。

Savoy’s American Bar – London – Sazerac ($6,2000) – アメリカにはニューヨークにロンドン・バーがあり、イギリスにはロンドンにアメリカン・バーがあります。 アメリカにはニューヨークに「ロンドン・バー」があり、イギリスにはロンドンに「アメリカン・バー」があります。この時点でまだ混乱していないのであれば、The Savoy hotelの人々は、ニューオーリンズの非公式な水道水であるクラシックなサゼラックを、最も高価なマナーで提供しています。 1858年製のSazerac de Forage、Pernod製のアブサン、1900年製のPeychaud’s bittersなどが用意されており、ひとたび火がつけば、炎の中に少なからずドルマークが見えるのではないかと想像されます。

Gigi’s Mayfair – London – The World’s Most Expensive Cocktail ($9,400) – このドリンクの名前は誤解を招く恐れがありますが、世界にはもっと高価なカクテルがあります。 しかし、かつてのボンドガール、グレース・ジョーンズのお気に入りである「Gigi’s」は、1990年のクリスタルと1888年のサマランス・ヴィエイユ・リリック・ヴィンテージ・バス・アルマニャックを混ぜ合わせ、金箔で仕上げたものを彼女のために作ったのです。 まさに “殺しの景色 “ですね。

Algonquin Hotel’s Blue Bar – New York City – Martini on the Rock ($10,000; for one) – このドリンクが実際に存在するかどうかは確認できませんでした。 そこで、このバーに問い合わせてみました。 確かに存在します。 バーテンダーがこれを実現するには、最低でも72時間前の予告が必要だが、明らかな理由があるわけではない。 マティーニを作るのは簡単です。 マティーニを作る部分は簡単だが、グラスの底に輝くダイヤモンドはそうはいかない。 そうではありません。 マティーニを作る部分はシンプルですが、グラスの底に輝くダイヤモンドはそうではありません(この宝石は、ホテルの専属ジュエラーであるバーダー&ギャリンが事前にセレクトしたものです)。

The Wynn’s XS Nightclub – Las Vegas – The Ono ($10,000; for two) – The Ono ($10,000; for two) – Everything that happens in Vegas stays in Vegas. ただし、あなたが1万ドルを費やして買ったドリンクが、月曜日に職場のウォータークーラーでの会話に紛れ込むようなことがなければ、ですが。 Eaterによると、OnoはRémy Martin Louis XVIII Black Pearlコニャック(1ショット2,500ドル)、Charles Heidsieck 1981 Champagne Charlie(1ボトル500ドル)、ブルガリアのバラの花(3週間しか収穫できない)、フレッシュスクイーズOJ、アプリコットピューレで構成されています。 また、モンブランのシルバーカフリンクスや、黒真珠とダイヤモンドをあしらった18金のネックレスも用意されています。 ボトルサービス? このドリンクは、ボトルサービスに唾を吐くようなものです。

The Bar at the Ritz Carlton, Tokyo – The ‘Diamond Is Forever’ Martini ($17,500) – ジェームス・ボンドのファンなら、これは究極の「かき混ぜるのではなく、シェイクする」オプションです。 東京で最も高いビルの45階にあるリッツのバーでは、最も裕福な顧客だけにこの贅沢な一杯を提供しています。 飲み物の成分は? グレイグースウォッカとライムジュースに、1カラットのダイヤモンドをトッピングしました。 何が素晴らしいって? スタッフは、ダイヤモンド・アー・フォーエバーのテーマ曲を演奏しながらサービスを提供しますので、誰が悪党で誰が悪党でないか、誰にでもわかります。

-Will Levith for RealClearLife

全メニューはこちらからご覧いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です