What Is Takt Time and How to Define It?

リーンマネジメントの成功は、仕掛かり中の新しい仕事をプッシュするのではなく、プルすることに負うところが大きいと言っても過言ではありません。

しかし、プルシステムを管理するには、仕事の継続的な流れを維持しなければなりません。 しかし、需要は常に変化しているため、これは容易なことではありません。

タクトタイムとは

タクトタイムとは、顧客の要求に応じて製品を完成させるための速度のことです。 例えば、4時間ごとに新製品の注文を受ける場合、チームは需要に応えるために4時間以内に製品を完成させる必要があります。

タクトタイムは販売率であり、作業プロセスの心臓部とも言えます。

「タクトタイム」とは、ドイツ語で「鼓動」を意味する「takt」に由来する言葉です。 タクトタイムは、1930年代のドイツで、飛行機の製造に初めて使われた指標です。

How to Define Takt Time?

タクトタイムを定義するには、生産可能な時間を顧客の要求で割る必要があります。

タクトタイムの計算式

このタクトタイムの計算式で正確な結果を得るためには、生産可能な時間と顧客の需要の両方をフレームに入れる必要があります。

タクトタイムを定義する際には、平均的な顧客の需要に対して比較的短い時間(例えば、1週間や1ヶ月)を含めることをお勧めします。 週の労働日数は5日で、60分の昼休みと、午前と午後の2回の15分の休憩を含む、9時間の1シフトで運営されています。

チームが維持しなければならないタクトタイムを定義するために、上述の公式を単純に適用します。

1日の総作業時間は7時間30分で、これを分単位にすると、1日あたりちょうど450分、1週間あたり2250分になります。

2250を10(平均注文数)で割ると、3Dプリントマシン1台を完成させるためのタクトタイムは225分となります。 225を60(1時間あたりの分数)で割ると、1つの注文にかかる最大のタクトタイムは3時間45分となります。

2250÷10=225分 タクトタイム

このように、顧客の要求に応えるために必要なタクトタイムを定義することは、ロケットサイエンスではありません。

タクトタイムとサイクルタイムとリードタイム

はじめに、人々はタクトタイムをリードタイムやサイクルタイムと混同しがちですが、これらはリーンメトリクスの中ではそれほど重要ではありません。

  • リードタイムとは、注文を受けてから顧客が価値を得るまでの時間のことです。
  • サイクルタイムとは、チームが顧客の注文に積極的に取り組むのに費やす時間のことです。
  • タクトタイムとは、顧客の需要を満たすために遵守しなければならない最大の時間です。

リーンマネージャーとして、3つの指標をワークフローの重要なパフォーマンス指標として考慮する必要があります。

Why is Takt Time Important?

タクトタイムを定義することは、チームの能力を最適化するために重要です。 また、プロセスの無駄を省くためにも重要です。

Kanbanizeパートナープログラムに参加する

ビジネスを成長させましょう。 利益を最大化しましょう。 一緒に頑張りましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です