What Is the Difference between Acute and Chronic Care?

Acute and Chronic Care

体調が悪いときに一番気になるのは、自分が急性疾患なのか慢性疾患なのかということではないでしょうか。

しかし、あなたが受ける医療は、あなたの病気が実際に急性なのか、それとも慢性疾患の結果なのかによって異なることがよくあります。

急性期医療とは

「急性期」という言葉は、「重症」という意味に解釈されがちです。 しかし、医学的には “即時 “という意味合いの方が正しいのです。

良いことに、急性の病気や怪我は治療することができます。 あなたが経験している症状は厳しいものかもしれませんが、医師が原因を解決するまでは長引くだけです。

急性疾患の例をいくつか挙げてみましょう。

  • ウイルス(インフルエンザなど)
  • 感染症
  • 気管支炎
  • 喉頭炎
  • 炎症
  • 怪我

慢性疾患のケア

一方、慢性疾患とは、長期間にわたって持続する病気のことを言います。 重い症状が出ると、まず急性疾患と判断されますが、医師はその症状が慢性疾患によるものかどうかを判断するために検査を行うことがあります。

慢性疾患の例をいくつか挙げてみましょう。

  • 関節炎
  • 心疾患
  • COPD
  • 喘息
  • 糖尿病
  • 骨粗鬆症
  • がん

急性の病気は一般的に突然発症し、短期間で治る。 慢性疾患は、ゆっくりと進行し、長期間にわたって悪化する可能性があるため、可能な限りコントロールするための長期的な医療計画が必要となります。

主治医は、急性疾患と慢性疾患の違いを見極める訓練を受けていることが重要です。

例えば、喘息のような慢性的な肺の問題を抱えている患者さんは、長期的な管理が必要です。

急性疾患と診断された場合、医師は速やかな回復のために必要なケアを提供します。

ご質問がある場合や、熟練した医師とのアポイントメントをご希望の場合は、お近くの店舗にお電話いただくか、オンラインで簡単にご利用いただけるアポイントメントリクエストフォームにご記入の上、ご連絡ください。

ご質問やご予約は、お近くの店舗にお電話いただくか、オンラインの予約フォームにご記入ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です